アクションカメラの代名詞「GoPro」がさらに進化

写真拡大

米GoProの販売代理店、タジマモーターコーポレーション(東京都中野区)は、アクションカメラ「HERO6 BLACK」を2017年9月29日に発売した。

音声コマンドによるハンズフリー操作

新開発の「GP1」プロセッサーを搭載し、4K解像度60fps(毎秒60コマ)、1080p240fps(毎秒240コマ)ビデオの撮影が可能で、見どころをスローモーション再生できる。最新のビデオスタビライゼーションによる安定した撮影が可能だ。

画面に触れるだけでズーム可能な「タッチズーム」を新搭載したほか、シンプルな音声コマンドによるハンズフリー操作ができる。

低光量性能に優れ、「ナイトフォトモード」による夜の撮影にも対応する。RAW、HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)静止画撮影も可能だ。水深10メートルまでの防水性能、Wi-Fi、Bluetoothをサポートする。記録メディアはmicroSD/SDHC/SDXCカード(最大256GB)。

価格は5万9000円(税込)。