【詳細】他の写真はこちら

映像配信サービスdTVが、フジテレビとタッグを組んだ共同製作ドラマとして制作する実写ドラマ『花にけだもの』の配信日が10月30日に決定した。

dTVが今回フジテレビとタッグを組んで制作するドラマは、人気少女マンガ誌『Sho-Comi』(小学館)で2010年から2012年まで連載され、累計発行部数200万部を突破した人気コミック『花にけだもの』の実写ドラマ。見た目や発言はもちろん男らしい! けど、好きな人の前だけでたまに見せる可愛らしい一面がたまらない“けだもの男子”たちとの波乱の恋を描く、超胸キュンMAXな青春ラブストーリーだ。

制作発表されるやいなや、「原作好きだから実写化楽しみ!」「“けだもの男子”って何!?」など出演者のファンや原作ファンを中心にSNS上で話題となり、Twitterの急上昇ワードにランクインするなど早くも盛り上がりを見せている本作。出演キャストたちが、“けだもの男子”をはじめ、それぞれのキャラクターをどのように演じるのか、実写化に対する期待の声が溢れている。

そんな中、今回公開されるのは、メインキャラクター5人それぞれのビジュアル。

少し恥ずかしそうに体をひねりながら愛らしく微笑んでいるのは、純真無垢で愛されすぎる主人公“熊倉久実”(中村ゆりか)。振り向きざま、これでもかと言わんばかりに優しそうな目つきで笑みを浮かべているのは、王子様の仮面を被った超プレイボーイの“柿木園豹”(杉野遥亮)。クールな表情で見下ろしながらも瞳の奥にある優しさを隠しきれていないのは、主人公を陰で支え続ける“和泉千隼”(松尾太陽)。真っ白い歯を覗かせながら明るい表情で笑顔を見せるのは、誠実で心優しく太陽のような“日吉竜生”(甲斐翔真)。腕組をしながら凛とした表情でこちらをまっすぐ見つめているのは、秘密を抱えながらも主人公に次第に心を開いていく“大神カンナ”(入山杏奈)。

全員が、原作キャラクターのイメージを彷彿とさせるビジュアルに仕上がっている。

現在、絶賛撮影中の本作だが、出演キャストより、それぞれが演じているキャラクターに対するコメントも到着。主人公の“久実”を演じる中村ゆりかは「ただただ、ありのままの思いを引き出せたらと思っています」とコメント。また、“けだもの男子”として久実を翻弄する“豹”を演じる杉野遥亮は「作品を観る方に、豹の魅力がより深く伝わるよう1シーン1シーン闘っていますので、楽しみにしていてください」など、撮影が進んでいく中で、日々変化するキャラクターへの思いを告白している。

本作は、10月30日からdTVとFODで同時配信されることが決定。次世代を担う若手俳優陣が魅せる実写ドラマ『花にけだもの』に注目だ!

なお、ドラマ公式アカウントでは、出演者の誕生日を祝う姿など、オフショットを中心に現場の様子を随時届けている。

番組情報



dTV×FOD共同製作ドラマ『花にけだもの』

配信日:10/30(月)

※毎週月曜日更新

出演:中村ゆりか、杉野遥亮、松尾太陽、甲斐翔真、入山杏奈(AKB48)

原作:『花にけだもの』杉山美和子(小学館『Sho-Comi』全10巻)

(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

『花にけだもの』OFFICIAL Instagram

@hanakeda_dtvfod

『花にけだもの』OFFICIAL Twitter

@hanakeda_dtvfod

特集サイト

http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004072