「指示待ちオット」にアメとムチを!?『ぼくの嫁の乱暴な愛情』原作者に学ぶ、夫の操縦術

写真拡大

夫は、家事育児にどのくらい参加していますか?

【家事】もっと協力してほしい!パパを“紙一枚”で「家事メン」にする方法

夫も親なのだから「参加して当たり前」な家庭、仕事が忙しいなどの理由であまり参加できていない家庭など、さまざまかと思いますが、まだまだ女性が主導で家事育児を担当していることが多いかと思います。

世の中には、「指示待ちオット」と呼ばれる、言われれば家事も育児もやるけれど、指示がないと何も動けないという夫もいるのだとか。

そこで今回は、Twitterでツンデレな妻と天使な子どもたちとの日常をつぶやいて人気に火がつき、コミックエッセイ化した『ぼくの嫁の乱暴な愛情』の原作者、恐妻家で知られる5歳さんに、夫を指示待ち人間にしないためのコツを伺いました。

「夫が5歳さんのように自発的に家事育児に参加するには?」と、気になっているママは必見です!

嫁のストレスフリーをモットーに生活

――まず、家事は分担されているようですが、その決め事などはどういう経緯で?

5歳さん(以下、5歳)「決め事は今までした事はないですね。僕が気付けば積極的にやるという感じですね。というか嫁はあまり家事が好きじゃないのでやらざるを得ないという感じですかね」

――掃除なども、「片付いてないから自分がやるか」というような感じで、自発的にやっているのですか?

5歳「そうですね。嫁は掃除をしない割に部屋がごちゃごちゃしてくるとイライラしてくる習性があるので、イライラが爆発する前に僕が片付けます。嫁は掃除嫌いの綺麗好きなんです」

――奥様のご機嫌がいいほうが大事だからやろう、という考え方でしょうか?

5歳「そうです。僕の基本の行動理念は“嫁の機嫌が一番!”ですからね。嫁のストレスフリーと嫁の快適な生活をモットーに日々を過ごしています」

――素敵ですね! 料理も趣味と書かれていましたが、5歳さんが料理をする日というのはどういう日なんですか?

5歳「最近は僕の仕事が超絶に忙しいので、嫁も苦手な料理を頑張ってやってくれています。

でも一年くらい前までほとんど僕が作っていましたね。今でも休みの日とか僕の手が空いていれば作ります。

料理に関して言えば僕は作るの好きなんで、苦にはならないです。これは手伝うというより好きでやってます」

――離乳食も、5歳さんが作ったりされたんですか?

5歳「離乳食かぁー、懐かしいですね。やってましたよ、おかゆ作り。

でも最近は便利なもんで、おいしそうな離乳食が薬局にずらりと並んでいるので、買っちゃってましたよね。便利なんだもん。

ごめんなさい、完璧な育児とは程遠い子育てをしてたもんで…。

二人目とか、本当に手抜き子育てでしたけど、全然元気に育っているのでそんなに完璧にやらなくてもいいんだなと思ってます」

――そうかもしれませんね。それにしても、かなり5歳さんも育児に主体的に関わっている印象ですが、どうしたら全国の「指示待ちオット」もそんなふうに自発的に家事育児に参加する旦那さんになってくれると思いますか?

5歳「これは全然アドバイスにならないような気がするのですが、結婚生活ってイニシアチブの取り合いだと思うんですよね。僕はこの主導権争いに負けました。ただ単に嫁が強かったのです。尻に敷かれたのです。

なので指示待ちオットを持つお嫁さんは尻に敷くのが手っ取り早いかと思います。これは僕の場合なんですけど…」

――なるほど(笑)。でも、尻に敷くのはいいけど、「指示を出す前に動いてよ!」っていう場合もありますよね。自分から動いてくれるようになるには、どうしたらいいのか…こればかりは、旦那さん側の個性というか資質なんでしょうかね??

5歳「いや、そんな事はないです。ある程度テクニックはあると思います」

ナチュラルなマインドコントロールとは!?

――ちなみに、5歳さんから見て、奥様が持っているテクニックって、どんなものがありますか?

5歳「あのー、ここから僕が言うことは『ハピママ*』の読者の方たちの望むことから、かけ離れた意見だと思いますけどいいですか?

僕は犯罪心理学とか洗脳、マインドコントロールの本とかが好きで読むんですけど、嫁がナチュラルにマインドコントロールの手順を僕にしているんですよね」

――ナチュラルにマインドコントロール(笑)!? どういう手順なんですか?

5歳「これ大丈夫ですかね(笑)?

まずマインドコントロールの基本って罰と報酬。わかりやすく言うとアメとムチなんですよね。あと恐怖」

――まさに奥様の場合“ツン”と“デレ”がありますよね。

5歳「そうですね、でもツンデレくらいだとまだ可愛いですね、まだ足りないです。圧倒的な恐怖です。

例えばまだ結婚して間もない頃、独身気分が抜けてない僕は飲み会で遅くまで飲んで、帰宅すると嫁が鬼の形相で待っていました。そして正座をさせられて『お前はもう家庭を持っているんだぞ!』と明朝まで説教されました。足も痛かったし、本当に怖かったです。

で、僕は思いました。

『これからはあんまり飲みに行けないな』と…」

――恐怖がかなり強めなんですね(笑)。確かに、そもそも旦那さんが指示待ちな時点で奥さんはまだ支配下に置けていない感じがしますね。完全に尻に敷けば、旦那さんが奥さんの気持ちいいように動いてくれる…ということなのかも。

5歳「僕が言うのもなんですけど、指示待ちオットはしつけが出来てないのかなと思います。ナメてるんですよ、嫁を。

僕はしっかり調教されているので、帰宅したときドアノブを握った瞬間に嫁の機嫌が悪いのがわかりますからね。それくらい敏感です。

指示なんて待っていられません。『こっちから動かないと!』と思ってます。原動力は恐怖です」

――でも、説教を受けて逃げ出すとか離婚してやるとかでなく、ちゃんと奥さんの言うことをきいて飲みに行かなくなるというのは、やはり前提として愛情あってのことですよね。

5歳「いや、そこはキレイにまとめてほしくないですね。恐怖は愛情をも超越するという話です。それくらいのパワーがあるのです。

最初にも言いましたが結婚生活は主導権争いです。

普通のお嫁さんなら旦那が飲み会に行って遅くなったら最初の頃は怒るけど、じきに諦めて『あんまり遅くならないでね』と譲歩してしまうのですが、そこが間違いなのです。何度でも何度でも正座をさせて明朝まで説教するんですよ。

繰り返し罰を与えるのです。これもマインドコントロールの基本です」

――すみません、ついキレイにまとめようとしてしまいました(笑)。あくまで恐怖が大事なんですね。

5歳「マインドコントロールの話をし出したらキリがないのですが、そのほかにも情報の遮断、孤立化、ここしかないんだ、と思わせるプロセスなど色々とあるんですけど、長くなりそうなので、今回はアメとムチと恐怖の話に絞りたいと思います」

――その手の本がお好きというだけあって、専門的ですね(笑)。前書きには、「乱暴に見える言動も愛情に見える」とありましたが、その「愛情が感じられるかどうか」の境目ってどこにあるんでしょう?

5歳「さっきから恐怖恐怖と言いましたが、アメの部分がめちゃくちゃ大切だという話です。あえて言えばそこに愛を感じられるかという話ですね」

――漫画にも描かれているような、ツンデレな奥様の“デレ”の部分でしょうか?

5歳「そうです、デレの部分です。

これも言ってしまえばマインドコントロールの話になってしまうのでしつこくてスイマセンが、ムチを与え続けると少しのアメ=ご褒美がめちゃくちゃ甘く感じます」

――最近の奥様のデレたエピソードって、何かありますか?

5歳:風呂上がりに梨をむいてくれました。

――えっ、それは、デレなんですか(笑)?

5歳「『ほら、梨だよ』って。それくらいで僕はめちゃくちゃ嬉しいです。

ごめんなさい、求められているデレエピソードじゃないことくらいわかってます。でもそれくらい嫁の優しさに敏感なのです。

僕にとっては嫁が梨をむけば、デレなんです。

あと、普段8時半まで寝ている嫁がちょっと早起きして目玉焼きを焼いてくれていれば、僕はその日、一日中幸せな気分です。

幸せのハードルが異常に低いんです」

――(笑)。ちょっとしたことに幸せを感じられるのは大事ですね。

5歳「そうですね、ポジティブに捉える事にしてます。

いつの間にか『結婚生活とマインドコントロール』という話になっていましたが、大丈夫でしょうか」

指示待ちオットにはアメを忘れずに!

――では、家事育児について、妻にこう言われると萎えるとか、逆にどういう言葉をかけてもらえたらやる気になる、というのはありますか?

5歳「僕の場合は、萎えるなんて感覚はあまりないですね。

ただ効果的だと思うのは、例えば家事をしたときに『ありがとぉねぇ♡愛してるぞぉ♡』と言われて抱きつかれたら、それだけでオールオッケーな気がします。

ここまで色々話して一番アドバイスらしい事を言いますが、お嫁さんが普段家事をやっていて、指示待ちオットが気まぐれに家事を手伝ったときには、それを見逃さずに褒めてあげれば、調子に乗って継続的にやってくれるような気がします」

――やっぱり、アメは大事ですね。

5歳「そうですね。まず“指示待ちオット”という言葉にお嫁さんの『察せよ!』という気持ちがこもっているような気がします。

今まで調教をしてこなかった旦那さんに急に『考えて動け!』って無理だと思うんですよね。コントロールしないとダメかなって」

――そうかもしれません。そもそもが、「察してよ」っていうのもなかなか難しい注文ですしね。

5歳「うちの嫁方式になりますが、自分が子育てでどれだけテンパっているかブチ切れてみるのもいいかもしれませんね。旦那さんに『ヤバイな』と思わせるくらいに盛大にブチ切れる。

んで、手伝ってくれたら『愛してる♡』、この二段仕掛けですね。簡単に言っちゃうと」

――どこのご家庭でも実践できそうな、まさにアメとムチの初歩的なテクニックですね。

5歳「指示待ちオットの解決方法でマインドコントロールじゃちょっとアドバイスにならなそうですしね。これなら皆さんにもできるんじゃないかと思います。

でもキレるときは本気でキレた方がいいと思います。本気は伝わります」

――キレたあとのアメも忘れずに、っていうところですね。

5歳「そうですね。お茶目は世界を救います。『怒るとマジで怖いけどお茶目なお嫁さん』を目指してほしいですね」

――では最後に、5歳さんの家庭円満の秘訣をお聞かせください。

5歳「マインドコントロールです」

――ブレないですね(笑)!

5歳「言い換えますと、マインド(心、精神、意識)のコントロール(操縦)です。

相手の心を理解して導いてあげましょう。それが良い意味で旦那さんを尻に敷く事だと僕は思います。旦那さんを手のひらで操りましょう!」

「指示待ちオット」に対するかなり独自の解決方法を導いてくれた5歳さん。

夫にもっと家事育児をしてほしい…と悩むママは、“アメとムチ”のプロセスを取り入れてみては。

そして、5歳さんの夫婦生活が気になった方は、コミックエッセイ『ぼくの嫁の乱暴な愛情』を手にとってみてください。

「マインドコントロール」と聞くと物騒と思われた方もいるかもしれませんが、5歳さんのツンデレな嫁・マミさんと、可愛い息子2人とのほっこりする日常が描かれていて、癒されることうけあいです!