evercook αタブレット

写真拡大 (全2枚)

 料理は好きでも、後の片づけはちょっと・・・という人も多いのでは? 並べて焼いてそのままテーブルに出せる「ぎゅうぎゅう焼き」がはやったのも記憶に新しいところだよね。そんな風に調理の段階から、なるべく使う器具やお皿を減らしたいという人にぴったりの調理器具が発売された。

 ドウシシャ(大阪市)が発売したのは、食器にもなるフライパン「evercook αタブレット EAM」。evercookブランドのコンセプトは“ずっと料理をしたくなる”フライパンだ。今回の商品は「調理してそのまま食卓に出すことのできるフライパンが欲しい!」というニーズに応えてできたのだという。おしゃれなデザインはそのままテーブルに出しても食卓を華やかにしてくれそうだ。フタを裏返して重ねれば薄さ約3.5cmとなり、収納にも便利。まな板立てにも立てられる。カラーはレッドとブラック。

 今度のパーティーはフライパンが主役かな!?