GOT7のニューアルバムイメージ(所属事務所提供)=(聯合ニュース)

写真拡大 (全11枚)

【ソウル聯合ニュース】韓国のアイドルグループが、今月9日まで10日間の大型連休後に相次いで新譜をリリースする。

 先頭を切るのは男性グループのGOT7(ガットセブン)で、今月10日にニューアルバム「7 for 7」をリリースする。リーダーのJB(ジェイビー)が作詞作曲したタイトル曲「You Are」をはじめ、7曲全曲の作詞や作曲にメンバーが加わった。

 同じ日、男性グループNU’EST(ニューイースト)Wもニューアルバム「W, HERE」を発売する。2012年に5人組のNU’ESTとしてデビュー後、これといった成果を出せなかったが、アロンを除く4人がオーディション番組に出演して人気を博した。メンバーのミンヒョンが11人組のWANNA ONE(ワナワン)で活動することになり、アロンを含む4人でNU’EST Wを結成した。新譜のタイトル曲は「WHERE YOU AT」で、メンバー全員が作詞や作曲に加わった。

 同16日には男性グループのHighlight(ハイライト)がデビュー8周年記念のセカンドミニアルバム「CELEBRATE」のデジタル配信を開始する。同日夜にはソウル・竜山のブルースクエアで8周年記念ショーケースを開き、収録曲を聴かせる予定だ。

 男性グループのBTOB(ビートゥービー)も同じ日にセカンドアルバム「Brother Act.」を発表。1本の演劇のようなトラック構成になっている。メンバーらは4月から9月にかけ、各自ソロ曲をリリースするプロジェクトを行っていた。

 ガールズグループのTWICE(トゥワイス)も、同30日のリリースを目指してニューアルバムを準備中だ。15年にデビューしたTWICEは、「CHEER UP」「TT」「KNOCK KNOCK」に続き今年5月の「SIGNAL」もヒットさせ、トップガールズグループとしての座を固めた。今夏には日本に進出し、デビューベストアルバムがオリコンランキングで首位を獲得した。

 11月6日には男性グループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)がデビュー12周年を迎えニューアルバムをリリースする。15年のスペシャルアルバム「DEVIL」と「MAGIC」以来、約2年ぶりの新譜だ。アルバム活動に参加するのはイトゥク、ヒチョル、シンドン、イェソンと7月に兵役を終え除隊したウニョクとドンヘ、8月に除隊したシウォンの7人。12月16〜17日にはソウルの蚕室室内体育館でコンサートを開催する。

 男性グループSEVENTEEN(セブンティーン)も、同じ日のリリースを目標にニューアルバムを準備中だ。6カ月ぶりの新譜となる。

 翌7日には男性グループMONSTA X(モンスタエックス)がニューアルバムをリリースし、ソウルの奨忠体育館でショーケースとコンサートを組み合わせたイベントを開く。

 また、WANNA ONEも11月にアルバム「1-1=0(NOTHING WITHOUT YOU)」を発売する。8月リリースのデビューアルバム「1×1=1(TO BE ONE)」に新曲3曲を加えたリパッケージアルバムだ。