災難にあったアグエロ photo/Getty Images

写真拡大

不運な事故に巻き込まれたセルヒオ・アグエロの詳細な離脱期間を、アルゼンチンの医師が明かしている。

オランダでのコンサートを楽しんだ帰り道、乗車中のタクシーが電柱に激突するという事故に遭遇していたアグエロ。肋骨を骨折する災難に見舞われ、プレミアリーグ第7節のチェルシー戦を欠場していた同選手だが、アルゼンチンのチームドクターを務めるドナト・ビジャーニ氏曰く、およそ6週間もの期間を戦線離脱することになるという。『Tyc Sports』がアルゼンチンを背負って立つストライカー、アグエロについて説明するビジャーニ氏の言葉を伝えた。

「今回の一件によってアグエロは相当ショックを受けているよ。彼はアルゼンチン代表の一員としてロシアW杯の南米予選に全力を尽くそうとしていたからね。この事故は予選でのアグエロを無力にしてしまった。この後の2試合に出場することができないんだよ。アグエロは6週間にわたってピッチを離れる。自宅から外出することもできないし、車へ乗ることすら不可能なんだ」

下位チームへの取りこぼしが影響し、南米予選での敗退危機に瀕しているアルゼンチンにとって、このタイミングでのアグエロ離脱は大きなダメージを被ることになる。もちろん同国の厚い選手層が彼の穴を埋めるべく奔走するだろうが、ファンとしては1日でも早く彼が復帰することを願っているだろう。