バイエルン、72歳のハインケスを新監督に招聘へ

写真拡大

『Bild』は4日、「バイエルン・ミュンヘンは、ユップ・ハインケス氏を今季の監督に招聘する」と報じた。

2013年までバイエルンを率いた後、ジョゼップ・グアルディオラに後を託してチームを離れたハインケス監督。その後指導者としては引退していた。

しかし、先日カルロ・アンチェロッティ監督を解任したバイエルンが、彼を呼び戻す方針を決めたという。

暫定的にウィリー・サニョルを指揮官として配し、トーマス・トゥヘルやユリアン・ナゲルスマンを候補として動いていた。

しかしながら、彼らをクラブに呼ぶには長い交渉期間が必要になることが問題になっている。

そのためバイエルンは、クラブを熟知するハインケスを次の監督としてすでに任命しており、近々発表が行われる予定であるという。

しかし、ユップ・ハインケスはすでに72歳となっており、今季終了後には長期的な指揮官として誰かと置き換えられるとのことだ。