4日、米華字メディアの多維新聞は、中国政府が、朝鮮半島での核戦争勃発を防ぐため、北朝鮮政府から金正恩氏を排除する方法を模索していると伝えている。資料写真。

写真拡大

2017年10月4日、米華字メディアの多維新聞は、中国政府が、朝鮮半島での核戦争勃発を防ぐため、北朝鮮政府から金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を排除する方法を模索していると伝えている。

【その他の写真】

2日付の英紙デイリー・スターが伝えたもので、中国政府は北朝鮮と西側の強国との核戦争が始まれば、北朝鮮から大量の難民が中国国内に流入し、同時に強大な米軍が国境を圧迫することになるため、金委員長を政権から排除し、他の家族をリーダーに据える方法を考えているという。

記事によると、ティラーソン米国務長官は先月30日、習近平(シー・ジンピン)国家主席や他の中国政府高官と会談した後の記者会見で、複数のルートを通じて北朝鮮と対話を模索していることを明らかにし、中国が仲介役となることを否定した。この発言は中国に対する警告だとの見方が出ている。中国が北朝鮮の核開発を阻止しなければ、米国はいつでも中国を見限り、単独で北朝鮮問題を解決する意思があるというシグナルだというのだ。

英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)のマルコム・チャルマース氏は、「中国政府は北朝鮮政府の体制ではなくリーダーを代えることに最も関心がある」とし、「中国は北朝鮮のリーダーとして彼らが恩恵を受けることができる人物を好んでいる」との見方を示しているという。(翻訳・編集/柳川)