©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

今週から放送を開始した新帯ドラマ『トットちゃん!』の脚本を手がけるのは、数々の大ヒットドラマを世に送り出してきた脚本家・大石静。

そんな彼女が、10月6日(金)放送の『徹子の部屋』に登場し、黒柳とともに『トットちゃん!』制作秘話を語る。

©テレビ朝日

今から21年前の朝ドラ『ふたりっ子』で一世を風靡し、その後も『セカンドバージン』などのヒットを連発する大石だが、今回はある固い信念があった。

それは、黒柳の恋愛体験をドラマで描くこと。

“ラブ・ストーリーの名手”と呼ばれる大石は、強烈な殺し文句で告白を迫った。

当初はかなりの戸惑いを示した黒柳だが、数日間の考慮を経て人生初となる恋愛秘話を明かしたという。

©テレビ朝日

“海を隔てた恋”…それは、数々の恋愛ドラマを手掛けた大石をも圧倒する告白だった。

長い沈黙を破り初めて明かされた恋愛体験には、黒柳らしい人柄と信念が滲み出ていると話す。