▽みんなー、もうすっかり忘れてるんじゃないかな? もしも9月の試合でいろいろ大変なことになってたら、この一週間は韓国とのプレーオフってことになってて、そりゃもう大騒ぎになってたはずなんですよ〜。そうなってたら、どんな他のサッカーの話題もぜーんぶ吹っ飛んでただろうから、いや、ホントよかった、よかった。だからでしょ? 気が抜けたからハイチ戦のチケットってあんまり売れてないんですよね?

▽あ、そうか。みなさんすっかりJリーグモードに戻っちゃって。そりゃそうでしょう、大詰めですからね。J2は残り7試合となって参りました。

▽J2でデッドヒートを繰り広げているのは、2位福岡と3位長崎の自動昇格争い。抜きつ抜かれつの攻防戦は見所たっぷりなのです。しかもその下が名古屋、松本、横浜FC、大分、徳島、東京VとみんなJ1経験クラブ。だいたいJ2ってJ1よりも順位予想が難しくないですか? まさか今季経営危機が叫ばれた長崎がこの順位にいるってのも、誰も想像しなかっただろうし。

▽ま、そんな中でひねくれ者のアテクシとしては、11位の水戸に注目してるワケです。プレーオフ圏まで勝点9差。来季のJ1クラブライセンスがないから昇格はできないんだけど、昇格圏に絡んだりすると次のステップへの励みになりません? だってJ2最古参! まだJ3がなかった時代に、甲府、鳥栖と合わせて「ボトム3」だとか「J3」だとか揶揄されてきたわけです。それが今や水戸だけ置いてきぼり。

▽そりゃサポーターは悔しかったでしょう。だからみんな、いたいけな女の子たちまで戦車に乗せて進撃しちゃうグッズを身につけて応援しちゃってるわけですよ。違うか。

▽その水戸が今週アウェイで対戦するのは、現在2位福岡と勝点10の差を付けてダントツトップの湘南。これだけ選手を毎年抜かれてもぶれない湘南のスタイルは流石なんですけど、J2を盛り上げるため、ちょっと足踏みしてほしいかも。ええ、湘南には関係ないんですけどね。7日(土)16時、BMW平塚スタジアムでキックオフなのでした。

▽あ、そう言えば日曜日って大事なルヴァンカップ準決勝第2戦じゃないですか。G大阪が東口順昭、井手口陽介、倉田秋、C大阪が杉本健勇、山口蛍、川崎Fは車屋紳太郎がいないってことは、みんな忘れて! いつものカップ戦の感じだから! でももしこれでC大阪と仙台が決勝進出ってことになったら、長谷川健太監督と鬼木達監督は、どんな気持ちなんですかね〜。【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。