出張、旅行で求められている宿は? ブッキング・ドットコムの調査によると・・・

写真拡大

 目的が何であれ、旅先の宿選びには時間をかける、という人が多い。宿の設備や食事など、口コミを見ながら比較する。そんなプラットフォームの代表、ブッキング・ドットコムの日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン(東京)が、日本を含む24カ国を対象にした職種別の出張と旅行に関する調査結果を発表した。

 出張の宿泊先に求める設備としてもっとも人気が高かったのは、「寝心地の良いベッド」と「通信状態の良いWiFi」(いずれも52%)。まずはしっかり休めることが先決だし、国によってはネット環境が悪く不安定。仕事に差し支えることも少なくないから、WiFi環境のチェックは必須だ。

 次が「ボリューム満点の朝食」(38%)。朝食代が別というところが多いから、しっかり種類のそろったビュッフェがあるなど、食事内容の口コミが役に立つ。そして「無料の送迎またはシャトルサービス」(27%)。1泊の出張でもっとも重視されるのは「ロケーション」で、特に「会議などの開催場所にアクセスが良い」(47%)ことや、「市内中心部にある」(29%)ことが条件に挙がった。

 全体で半数の人(51%)が、出張中、勤務時間外に旅先での時間を楽しむことができると、会議などでの生産性が高まると感じており、職種でみると「経営コンサルタント」(58%)と「建築・デザイン」(57%)でこの傾向が顕著だった。だが、このように考える日本人の割合は、わずか27%。出張中も「仕事モード」が抜けていない日本人が多いということが分かった。