日本サッカーの弱点をいかに補うか 歴代代表監督の言葉以上に求められる協会の指針

写真拡大

オフトがもたらした技術を生かした組織力、オシムが説いたアグレッシブに動く精神

「お前は大きくないから、まともにぶつかれば負ける。でもその代わり動けるんだから、シンプルにボールを動かして、どんどんスペースへ出ていけば、相手は嫌がるんだ」――イビチャ・オシム

 これはイビチャ・オシムがジェフユナイテッド市原(現・千葉)の監督時代に、MF佐藤勇人へ向けて繰り返した言葉だという。チームへのメッセージも同じだった。

「ウチのチームは大きくない。だからその分、動けばいいんだ」

 賢くリスクを冒し、アグレッシブに動く。それがオシム哲学の肝だったし、自らが描く「日本サッカーの日本化」の根幹を成していたはずだ。

 また1990年代に日本代表を指揮し、92年のアジアカップで初めて大陸王者に導いたハンス・オフトがもたらしたのも、テクニックを活かした組織力だった。それまでフィジカルに優れた韓国は、日本にとって超えられない壁だった。一方で従来の日本代表スタッフは、選手を走らせては気合いを入れていたという。

「そんなことじゃ韓国に勝てないぞ!」

 もっと走り、もっと戦わなければ韓国に追いつけない。そんなアプローチをしていた。だがオフトは、韓国を追いかけるのではなく、もともと日本に備わっていた別の特長で勝負をした。テクニックに組織力を肉付けし、アグレッシブな韓国のプレスをかいくぐり、逆に彼らを走らせた。すると圧倒的にフィジカルに優れているはずの韓国の選手たちが、先に肩で息をするようになった。

ポゼッションもインテンシティーも兼備するのが理想だが…

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、改めて「過度なポゼッション志向」を否定し、「デュエル(局面の闘い)強化の必要性」を説いた。もちろん同じことは、2010〜14年まで率いたアルベルト・ザッケローニ監督も「インテンシティー(強度)が不足している」という表現で指摘してきた。日本にとって、避けては通れない要素でもある。

 だが、つい最近まで日本サッカー協会(JFA)技術委員会は、接触を避けてハイテンポのパス回しで相手を翻弄する吉武博文氏(元U-17日本代表監督/現FC今治監督)のスタイルを奨励してきた。そういう意味で、ハリルホジッチ監督が説くのは、従来の技術委員会の傾向とは真逆とも受け取れる。

 もちろん、ポゼッションも強さも兼備するのが理想だ。どちらかが欠けても良いというわけではない。しかし、日本代表監督の雇用者はJFAであり、雇用責任を担うのは技術委員会である。代表監督が勝手に見解を示す前に、まずは技術委員会がどんな方針に即してなぜ現監督を雇っているのかを、しっかりと説明する責任がある。

 日本代表のスタイルは、全国の指導者たちへのメッセージになる。デュエルを最優先する育成現場ばかりが増えても良いのか。技術委員会にとって、それを明確にするのは、ロシアへ向けた強化以上に喫緊のテーマだ。