ローマで出場機会を増やしているペッレグリーニ(左) photo/Getty Images

写真拡大

今季のプレミアリーグ開幕以降、公式戦で無敗を継続しているマンチェスター・ユナイテッド。今夏に獲得したFWロメル・ルカクやネマニャ・マティッチが屈強なフィジカルを活かして攻守両面で貢献するなど、大型補強の成果が現れている。

今後の移籍市場での動向が注目されるなか、同クラブが現ローマ所属MFロレンツォ・ペッレグリーニ(21歳)の獲得に本腰を入れたことが、英『THE Sun』で話題に。マンチェスター・ユナイテッドが早くも同選手の契約解除金にあたる2200万ポンド(約33億円)の準備を整え、一気に交渉をまとめる構えを見せているという見解が併せて示された。

今年6月に行われたロシアW杯の欧州予選(リヒテンシュタイン戦)でイタリア代表デビューを果たすなど、着実にステップアップを遂げているペッレグリーニ。推進力溢れるドリブルで敵陣バイタルエリアに侵入するスキルには定評があり、同じイタリア代表として活躍するダニエレ・デ・ロッシの後継者候補として注目されている。かねてよりジョゼ・モウリーニョ監督(マンチェスター・ユナイテッド)が現地にスカウトを派遣し、常に動向を注視していたことで知られる同選手だが、早くも交渉が成立するのだろうか。