ドイツW杯優勝メンバーの元伊代表DFザッカルド、マルタ1部に移籍決定

写真拡大

 元イタリア代表DFクリスティアン・ザッカルドがマルタ1部リーグのハムルン・スパルタンズと契約を締結した。同クラブは4日、「元ワールドカップ・チャンピオンによってチームが強化されたことを嬉しく思う」と発表している。

 なお、ザッカルドとハムルン・スパルタンズとの契約は今シーズン限りとなっている。

 現在36歳のザッカルドは、ボローニャの下部組織出身。パルマやヴォルフスブルク、ミランなどでプレーした経験がある。ヴォルフスブルクに在籍していた2008−09シーズンには、ブンデスリーガ制覇を成し遂げている。同選手は昨シーズン、カルピからヴィチェンツァにレンタル移籍しプレーしていたが、今季は契約満了となっていた。また、ザッカルドは2006年ドイツワールドカップを制したイタリア代表メンバーの一員である。この夏は世界最大級の“ビジネス特化型SNS”である『リンクトイン』で自ら移籍先を探し、話題となっていた。