15歳未満の女子中学生をコンパニオンとしてホテルの宴会場に派遣していた女が児童福祉法違反容疑で逮捕された。その巧妙な手口とは...。

北海道警に逮捕されたのは、札幌市内のコンパニオン派遣会社役員、斎藤美紀容疑者(42)で、13歳〜14歳の女子中学生8人を雇い、札幌市内のホテルの宴会場にコンパニオンとして派遣していた疑い。2時間〜3時間の接待で5500円〜8000円を支払っていた。

事件が発覚したのは保護者から「娘が夜遅くまでホテルでコンパニオンとして働いている」という相談からだった。道警の調べでは、このコンパニオン会社で働いていた女子中・高生は50人にのぼっていたという。

まず驚くのは、女子中学生を集める手口。斎藤容疑者はアルバイトの女子高生に人を集めるように依頼。その女子高生が中学生を勧誘し、女子中学生が友だちを誘っていた。一人誘って来れば2000円の勧誘料を払っていた。

接待マニュアルや客との想定問答集も

また斎藤容疑者は、制服などでやってくる子にはサンタクロースの衣装やドレスを用意し着替えるように指示し、接待マニュアルや客との想定問答集を作って指導していた。

接待マニュアルには「タバコを吸う客には火をつけてあげる」、「ビールは『おつぎします』と言ってつぐ。残りが3分の1になったら再度つぐ」、「2時間ずーと笑顔でいること」。

想定問答集では、Q「会社には何名ぐらいいるの?」A「150名ほど在籍しております」、Q「今日は何名できているの?」A「本日は○○名がお世話になっております」などと中学生でもわかるように平仮名文でこまかく指導していた。

児童福祉法では満15歳未満の児童には、業務として酒の席で酌をするなどの行為を禁じている。しかし、15歳以上なら中学生でも酒席での接待は可能という。

これには笠井信輔(ニュースデスク)も疑問を呈し「法的な部分とは別な尺度で考えた方がいい」。さらに産婦人科医の宋美玄も「中学生にとってみれば思考停止するぐらいの大金ですよ。私も15歳で区切るのはどうかと思う。厳しくすべきですね」。