ミニスーファミ、開封フォトレポート!あの頃の思い出が、小さな本体にギュッと詰まってます!

写真拡大 (全13枚)

本日10月5日に発売された任天堂の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」。『スーパーマリオワールド』や『F-ZERO』、『星のカービィ スーパーデラックス』といった名作や、当時発売中止になってしまった『スターフォックス2』など全21タイトルが、小さなボディにギュギュっと収録されています。

そんなミニスーファミが、編集部にも到着しました。さっそく、フォトレポートをお届けします。

外箱の裏側はこんな感じです。
内容物は本体とコントローラー(2個)、HDMIケーブルとUSBケーブルです。
スマホと並べると、ミニスーファミがいかに小さいか伝わるかと思います。
編集部にあった年代物のSFC本体と比較してみました。
ついでにSFC仕様のNew3DSLLも並べると、こんな感じに。
上がミニスーファミ、下がSFCのコントローラー。コントローラーの大きさは、当時のままです。
コントローラーを差し込む際は、本体前面のカバーを開けます。
こちらがホーム画面。名作の数々に、思わず目移り!
あの頃の感動が、今、目の前に!
『スターフォックス2』は、『スターフォックス』の1面をクリアすると、遊べるようになります。
より当時の雰囲気を再現したい方は「アナログテレビ」を設定しましょう。
スーファミ世代なゲーマーであれば、色々と熱いモノが込上げてくる本機。収録ゲームがずらっと並んでるホーム画面がディスプレイに映った時の、なんとも言えない感動は言葉に言い表せません。

もちろん、当時スーファミのゲームを遊んだことが無い方にもオススメ。本機に収録されているゲームは全てハズレ無しの名作ですし、本体に途中セーブ機能があるため、かなり遊びやすくなっています。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』にハマった人は、同シリーズの『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』に挑戦してみるも良し。『スーパーマリオ オデッセイ』の発売が待ちきれない人は『スーパーマリオワールド』を遊んでみるも良し。先日発売された『ファイアーエムブレム無双』を遊んでいる方は、合間に『ファイアーエムブレム 紋章の謎』をプレイしてみると、より2つのタイトルが味わい深くなるかもしれません。

ミニスーファミはミニファミコンよりも多く生産すると、任天堂より発表されています。今後も定期的に販売されますので、運良く店頭で見かけた方は一度、手にとってみてはいかがでしょうか。

(C) Nintendo

■関連リンク
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」公式サイト