B・スプリングスティーン「新作は70年代の南カリフォルニア・ポップ風」

写真拡大

ブルース・スプリングスティーンが、新作のサウンドについて語った。70年代の南カリフォルニア・ポップに影響を受けているという。

◆ブルース・スプリングスティーン画像

『Variety』誌のインタビューで、ジャーナリストから「新曲を聴いた人がアーロン・コープランド風だったと話していた」と言われたスプリングスティーンは、こう返した。「それはわからないな。実際には、このレコードは70年代のサザン・カリフォルニア・ポップ・ミュージックの影響を受けている」

それはイーグルスやフリートウッド・マックなのかと問われると、「いや、グレン・キャンベル、ジミー・ウェッブ、バート・バカラックなんかのアルバムだ」と答えた。「みんながこれらの影響を聴き取るかは、わからない。でも、僕の頭の中にあったのはそれだ。僕にインスピレーションを与えた。それに、これはシンガー・ソングライター・アルバムだ。ライティングの面では、僕のソロ・アルバム『Tunnel Of Love』や『Devils & Dust』と、より繋がりがある。でも、それらとは全く別物だ。別のキャラクターが存在する」

彼はまた、奥さん(パティ・シャルファ)と一緒に歌うのが好きな曲として、「Brilliant Disguise」「Tougher Than The Rest」「Fall Behind」「Mansion On The Hill」を挙げた。

スプリングスティーンは、今月からNYブロードウェイの小劇場で4ヶ月に渡る長期公演を開催。10月3日に行われたプレビュー公演では、「Growin' Up」「My Hometown」「My Father's House」「The Wish」「Thunder Road」「The Promised Land」「Born in the U.S.A.」「Tenth Avenue Freeze-Out」「Tougher Than the Rest」「Brilliant Disguise」「The Ghost of Tom Joad」「Long Walk Home」「Dancing in the Dark」「Land of Hope and Dreams」「Born to Run」の15曲をパフォーマンス。

「Tougher Than The Rest」と「Brilliant Disguise」では、奥さんと共演したという。

Ako Suzuki