松下奈緒&山本耕史の美しすぎるウエディングシーンが解禁『トットちゃん』

写真拡大

今週月曜にスタートし、早くも大反響を呼んでいる帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、毎週月〜金曜12:30〜12:50)。この度、10月6日放送の第5話から、純白のドレスに身を包んだ松下奈緒&タキシード姿の山本耕史の美しいウエディング写真が公開された。

松下と清野菜名がW主演を務める本作は、40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く帯ドラマ。これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋し、テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、初めて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生が描かれていく。

徹子誕生前の時代を舞台とした第1週目で描かれているのは、昭和4年の暮れ、運命的な出会いを果たした母・朝(松下)と父・守綱(山本)の愛の物語。2人にとって一番の障害は、頑なに結婚に反対する朝の父・門山周通(佐藤B作)だ。実は、朝には周通が決めた結婚相手がいたのだった。第4話は、周通が2人のアパートに乗り込み、いきなり守綱に殴りつけたところで幕を閉じた。

そんな中公開されたのは、ウエディングドレスに身を包んだ松下とタキシード姿の山本の2ショット。詳細は第5話で明らかになるが、この冒頭で、周通は「娘は、縛ってでも連れて帰る!」と守綱に宣告する。まだ家長の許しのない結婚は認められていない時代、一体この華麗なウエディングシーンは現実なのか? 2人は無事、周囲からの祝福を受けて結婚式を挙げることができるのか。どんな愛のドラマが展開されるのか。

<第5話あらすじ>
突然、アパートに乗り込んできた周通は、守綱を殴りつけ、娘・朝を無理やり連れて帰ろうとする。朝は「どこにも帰らない」と抵抗、住人の伊藤華子(高岡早紀)も諦めるよう諭すが、周通は聞く耳を持たない。そんな頑なな周通に、朝は「守綱のバイオリンを聴いてほしい」と頼み込み……。