自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。

ノーアポでやってきた義両親。夜になっても帰る気配がまったくなくて…

差出人不明、【旦那の名前+誕生日+なっちゃん+誕生日@docomo.ne.jp】のアドレスから全文ひらがなの怪メールが届いた日に、何者かがノーアポで押しかけてきた。ドアの覗き穴から見えたのは、旦那の元カノ…ではなく、住んでいるところが遠すぎて、結婚の報告のとき以来、一度もお会いしてない義両親だった!

なんでここにいるの!
あの怪文書メールの差出人は義母だったんだな!!とようやく頭の中で繋がったけど、だからといって目の前の義両親がフワッと消えるわけでもなく…。夫不在のなか、そのまま部屋に入ってもらうことに。

部屋の中にはお菓子のゴミ袋にジュースのゴミ。義父、部屋の中にズカズカっと入って「わあーよう汚しとる! 女で散らかす者もおるんじゃのう!」と謎の感動してるしもう最悪。




ヘラヘラニヤニヤ笑いながら、持ってきていただいたおはぎを完食しつつ(義両親はいつホテルに行くのかなー。さすがに泊まるなんて言い出さないよね…?)なんて思ってたら、いそいそ寝る用意がはじまった。

いやいやいや、人生2回目の義両親だし!
自分の実の両親とすら、一緒の布団で寝るなんて幼稚園以来ないよ、勘弁でござるー!と思いつつも、NOと言えない日本人。

敷かれた布団の中で寝る努力…!!

が…!

やっぱりダメだった。全然眠れない!



猛烈に腹が立ってきて、海外出張中のダンナに怒りの報告。
「ねーねー! 今家にだれが遊びに来とると思う? なんとあなたのお父さんお母さんよ。添い寝してもらいよるんやけどちょっとこれありえんよね? 現実感なくてまさにナイトメアなんやけど! てかお義母さんのアドレスが凄まじいんやけどなんでこんな両親やと教えてくれんかったんよー!!」

ひどすぎるー!! もう二度とこんなのゴメンだ!!

そう思って、意を決して「ちゃんとおもてなししたいので、これからは必ず来る前に教えてくださいね!」と伝えたところ、義母にはすんなり分かってもらえてひと安心。

…と思ったら義父が「家族なのになんで先に言わにゃいけんのや」とのたまった。

私は、一気にこれからの生活のすべてが不安でたまらなくなった。

【大盛のぞみ】
Instagramに@imoootjya名義で投稿した“ほっこり下品”な手描き漫画が、今いちばんポップな闇漫画として大きな反響を呼ぶ。フォロワー数は約8万人。岡山県に暮らす2児の母。著書に『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』(扶桑社刊)がある。