ペルー代表のエディソン・フローレス【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間5日にロシアW杯南米予選の試合が行われ、アルゼンチン代表はホームにペルー代表を迎えて対戦する。現在5位につけているアルゼンチンにとって、4位ペルーとの試合は負けられない一戦だ。ただ、好調キープしている23歳のペルー代表FWエディソン・フローレスには注意したいところ。

 デンマーク1部のオールボーBKに所属するフローレスはチームの主力選手として活躍している。特筆すべきは代表での成績だ。南米予選10試合に出場しているが、そのうち5得点を記録している。

 ここ最近のウルグアイ戦(2-1)、ボリビア戦(2-1)、エクアドル戦(2-1)の3試合連続で得点を決めてペルーの3連勝に貢献。親善試合のジャマイカ戦(3-1)も加えると4試合連続で得点している。

 さらにペルーは南米予選で合計26得点を決めており、ブラジル、ウルグアイに続く3番目に多いゴール数を記録。アルゼンチンの合計16得点と比べるとその差は歴然だ。アルゼンチンが引き分け以下に終わった場合、チリ代表がエクアドル代表に勝利すれば6位に転落する。それだけに、アルゼンチンにとっては負けられない試合となるだろう。

text by 編集部