日本代表GKの川島永嗣【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「1日で何かが変わるのは日常茶飯事」

 川島永嗣は日本代表の守護神として、長くゴールマウスに君臨している。しかし、その場所にたどり着くまでには数々の苦難や壁を乗り越えなければならなかった。何度も修羅場をくぐり抜けてきたベテランは、自らの立ち居振る舞いで日本代表のGKとは何たるかを示し続けている。(取材・文:元川悦子)

----------

 9ヶ月後の2018年ロシアW杯本大会を視野に入れ、重要なテストマッチのひとつとなるのが、10月6日のニュージーランド戦(豊田)だ。

 11月に南米5位とのプレーオフに挑むオセアニア王者ニュージーランド代表には、イングランド・プレミアリーグで活躍するクリス・ウッド(バーンリー)らタレントもいる。すでにロシアへの切符を手にしているとはいえ、日本が簡単に勝てる相手でないのは確かだ。

 そのニュージーランドに対し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこれまで最終予選で出番の少なかった選手にチャンスを与える意向を示している。GKに関しても、最終予選終盤にゴールマウスを守った川島永嗣(メス)ではなく、東口順昭(G大阪)と中村航輔(柏)のいずれかを抜擢する可能性が高い。GKの選手層向上はチームにとって不可欠なテーマだ。

 一方で、川島にとっては3月のUAE戦(アル・アイン)で奪回した代表正守護神の座を失うきっかけになる恐れもある。

  そのリスクは本人も承知している。

「W杯で誰がピッチに立ってるのかなんて誰もわからないことだし、サッカーの世界において1日で何かが変わるというのはホントに日常茶飯事」と紆余曲折のキャリアを歩んできた川島も、自身にとって3度目のW杯への生き残りの厳しさを痛切に感じているようだ。

 実際、今回の10月2連戦(ニュージーランド戦、ハイチ戦)では、長谷部誠(フランクフルト)、本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)というベテラン3人の招集が見送られている。代表メンバー24人のうち、30代は長友佑都(インテル)、槙野智章(浦和)と川島だけ。

 来年3月に35歳を迎える川島本人は「肉体的には『成長期』だとしか思ってないです」と冗談交じりに周囲の懸念を一蹴したが、少しでも衰えを感じさせれば、ハリルホジッチ監督から容赦なく切り捨てられるはず。生きるか死ぬかというギリギリの状況の中、ベテラン守護神はロシアを目指さなければならない。

追い込まれて成長してきた川島。先輩・楢崎も太鼓判

 とはいえ、そうやって崖っぷちに追い込まれれば追い込まれるほど、ここ一番の集中力や勝負強さ発揮するのが、川島永嗣という選手の強み。その人間力に敬意を評するのが、2010年南アフリカW杯直前に代表守護神の座を彼に明け渡すことになった楢崎正剛(名古屋)だ。

 川島が代表合流した2日のトレーニングをふらりと視察に訪れ、同じく名古屋の後輩である吉田麻也(サウサンプトン)とともに記念写真を撮った41歳のGKは、改めてこんな話をしてくれた。

「永嗣は自分の状況をポジティブに変えられるパワーを持ってる選手。むしろそういう厳しい状況の方が逞しさを出せるんじゃないかな。欧州や代表でそういう経験をして、また一皮むけてるのかなと感じたし、ホントさすがですよね。俺の方がパワーをもらいました」と、佳境に突入したJ1昇格争いの中に身を置くベテランはしみみじと語っていた。

 大先輩も言うように、川島は過去に何度も想像を絶するような苦しみを味わってきた。2014年ブラジルW杯からの3年間だけをみても、半年間の浪人生活を経て赴いたダンディー・ユナイテッドがスコットランド2部に降格。翌シーズンに参戦したメスでは第3GKからのスタートを強いられた。最終的に定位置を奪ってチームのフランス1部残留の原動力になったが、今季も若いトマ・ディディヨンを売りたいクラブ側の意向で開幕当初はサブに回された。

真摯に自分のプレーと向き合うということ

 そうやって何か起きるたび、川島は底力を示して周りを納得させ、リベンジを果たしてきた。常人のレベルをはるかに超える精神力を持つ男を超えない限り、東口や中村が定位置をつかむことはできない。

「若い時に苦しい思いをしておくことで、それが後々、いい経験となって自分の糧になる部分はありますね。辛い気持ちは今までもあったし、これからもあると思う。それを1つひとつどうやって乗り越えていけるかだと思うんで」と川島は、楢崎や川口能活(相模原)という2人の先輩GKの壁に阻まれていたかつての自分を述懐していた。GKはそんな苦しい時期をどう過ごすかが極めて重要なのだ。

 2011年3月の東日本大震災の復興支援チャリティマッチで代表初招集を経験して以来、足掛け7年でわずか2試合して出場していない東口は「選ばれてる数の割には試合に出てへんと思うし、それでも今までもやってきたね。基本遠回りするタイプなんで、少ない中でも濃い試合にできればいいですね」と巡ってきたチャンスに全身全霊を注ぐ覚悟を口にした。

 今年からA代表に選ばれ始めたばかりの中村は「2人(川島と東口)は日本のトップで何年もやっている人ですし、学ぶべきところは非常に多いですけど、何とか超えていかなければいけないですね」と、自分の進むべき道を必死に模索している。

 20代の頃の川島も全く同じで、代表でもクラブでももがき苦しんできた。その試行錯誤の末にたどり着いたのが「1人の選手として真摯にプレーに向き合い、監督にアピールしていくこと」だった。

「そういう1人ひとりの気持ちが日本代表を強くしていくし、新しい歴史やページを作っていく糧になっていく」と本人が話したように、前向きな競争がなければGKのレベルアップも加速しない。

 長年「日本の弱点」と揶揄されてきたポジションの底上げをけん引するのは、やはりチーム最年長の川島である。彼の矜持を東口や中村、そしてチーム全体が共有し、9ヶ月後のW杯本番までフェアで高度な競争を見せてくれれば、日本代表は必ずいい方向に進むはずだ。楢崎も太鼓判を押している。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子