次世代スターにMF平川が選出!…「成熟したオールラウンダー」と英紙

写真拡大

 英紙『ガーディアン』は4日、2014年から毎年行っている『次世代スター』の2017年版を公開した。

 この企画は17歳になる年の有力選手をピックアップし、紹介するもの。2014年版では1997年生まれの選手からピックアップし、今回は2000年生まれの選手から60人が選出された。

 日本人選手も2014年版から紹介されており、MF坂井大将(AFCテュビズ)、MF堂安律(フローニンゲン)、FW中村駿太(青森山田高)がリストに名を連ねてきた。

 今回紹介されたのはFC東京U−18に所属するMF平川怜。8日に初戦を迎えるFIFA U−17 ワールドカップインド2017に臨むU−17日本代表メンバーにも順当に選ばれた平川を「中盤の底や“10番”の位置だけでなくセンターバックとしてプレーできる成熟したオールラウンドプレーヤー」と紹介した。「広い視野やポジショニングセンスに定評がある」としながらも、すでにJ3を戦うFC東京U−23でポジションを確保していることを挙げ、「守備力やボール奪取能力」を身につけたと評価している。

 平川や同じFC東京のFW久保建英らが参加するU−17W杯は6日に開幕。日本代表は8日にホンジュラス代表と初戦を戦い、11日にフランス代表、14日にニューカレドニア代表と対戦する。