来年1月までレスターでプレーできないシウバ

写真拡大

ポルトガル代表MFアドリエン・シウバのレスター・シティ移籍が来年の冬に延期されることが分かった。フットボール・アソシエーションがFIFAに加入の許可を要請していた。

シウバのスポルティングCPからレスターへの移籍は、プレミアリーグ夏の移籍シーズン終了(8月31日)の14秒後に決定した。
そのため、シウバの移籍はFIFAの定めるトランスファーマッチングシステム(TMS)の規則に反し、レスターはシウバを公式戦に起用することができなかった。

シウバ獲得にレスターは2,800万ユーロ相当(約37億円)を支払っているが、来年1月の冬の移籍市場までは公式戦への出場は不可能だ。

28歳のシウバはシーズン2017-18開始と共にスポルティングに加入し、ポルトガルリーグで3試合、欧州CL予選2試合に出場した。