絶体絶命のオランダ、熾烈な“各組2位”同士の争い 「残り12枠」を争うW杯欧州予選の行方は?

写真拡大 (全3枚)

強国オランダは“死の組”で苦戦 スウェーデンと争うも得失点差で不利な状況

 ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選は、10月のインターナショナルマッチウィークに行われるラスト2試合を残すのみとなった。

 現時点でベルギーの本大会出場が決まっており、全13枠のうち残り12枠を巡る争いは佳境に入っているが、特に各組2位を巡る争いが熱を帯びている。欧州予選は、各組1位が自動的に本大会出場権を獲得し、全9グループの2位のうち上位8カ国がプレーオフに進出。残りの出場4カ国を決定する方式だ。

 先日、浦和レッズの元スロベニア代表FWズラタンが自身の経験をもとに「プレーオフにさえ行けば何が起こるか分からない」と話したように、欧州中堅国にとっては同組の第1シード国を負かすこともさることながら、2位を確保することが本大会行きへの切符を争う上で重要なことになる。そのため、6カ国ずつ9つのグループに分かれたなかには、完全な「2強グループ」と化している組もあるが、2位争いが混戦になっているグループが少なくない。

 なかでも、今予選でその行方が最も注目されるのが大国オランダとスウェーデンが争うA組だ。フランスが勝ち点17で首位を走るグループとあり、今予選では当初から“死の組”として注目された。残り2試合で2位のスウェーデンが勝ち点16、3位オランダが同13と1試合圏内であり、オランダにとっては最終戦がホームで直接対決というチャンスだが、実は状況が厳しい。

 欧州予選でも他地区と同様に、勝ち点が並んだ場合は得失点差が優先される。現在スウェーデンが「+11」、オランダが「+5」と差があるうえに、スウェーデンは次節で5位のルクセンブルクと対戦する。オランダも同日にベラルーシ戦があるが、ともに順当な勝利を収めた場合、ここで得失点差を大きく詰めない限りは、スウェーデンに3点差や4点差の勝利でなければグループ2位にも入れず敗退という結末が待っている。

EURO4強のウェールズに待つ最終節の死闘

 また、D組のウェールズとアイルランドによる争いも過酷だ。セルビアが勝ち点18で抜け出すなか、ウェールズが同14、アイルランドが同13となっている。こちらもA組同様、グループ下位のチームとの1試合を消化し、最終節で直接対決。ともに勝利して迎えた場合ウェールズは引き分けで2位を確保できるが、試合はアイルランドのホームゲームだ。まさに死闘の予感が漂っている。

 E組では、ポーランドが勝ち点19で首位だが、モンテネグロとデンマークが同16で続く。そのモンテネグロは、デンマークとの直接対決の後にポーランド戦を残す。三つ巴の状況のなかで、1カ国が必ず敗退する混戦で、最後の直接対決2連戦を残すことがどう転ぶか。最後の瞬間まで予断を許さないグループと言えそうだ。

 また、ズラタンの母国スロベニアがいるF組の2位争いは大混戦だ。イングランドが勝ち点20で抜けているが、2位スロバキアが同15、3位スロベニアと4位スコットランドが同14と続く。このなかではイングランド戦を残すスロベニアがやや厳しいが、スコットランドはスロバキア戦とスロベニア戦がラスト2試合。現時点での4位からの大逆転も大いに可能な状況となっており、1ゴールが決まるごとにそのシナリオは大きく書き換えられそうだ。

 ベルギーが突破を決めているH組では、ボスニア・ヘルツェゴビナが勝ち点14、ギリシャが同13、キプロスが同10で2位を争っている。ボスニアとキプロスはそれぞれベルギー戦を残しているだけに、日程に恵まれているのはギリシャと言えるかもしれない。キプロスは、次節でギリシャとの直接対決に勝利して望みをつなぐことが、初のW杯出場へ向けた2位確保の前提条件になるだろう。

各組2位のうち1チームに訪れる悪夢

 そして1位通過も含めた最大の混戦グループがI組だ。クロアチアとアイスランドが勝ち点16で並び、トルコとウクライナが勝ち点14で並んで続いており、4カ国に現実的なチャンスがある状況だ。この4チームは全てが下位フィンランドあるいはコソボとの対戦を1試合残しているため、そこで取りこぼしをせずに直接対決で勝負をかけることになる。このグループもまた、最後の瞬間までどの国が上位2カ国に名を連ねるか分からない。

 そうした困難を潜り抜けた上で、最後に待っている落とし穴は「プレーオフは2位のうち上位8カ国が進出」というレギュレーションだ。つまり2位を確保しても、その9カ国の中で最低の勝ち点であればその時点で敗退の憂き目に遭う。本稿で名前が出なかった組の2位チームは、2強グループで多くの勝ち点を稼いでいるため、現実的にここで紹介した混戦グループの中で2位を確保した1カ国が脱落することになるだろう。

 予想されるボーダーラインは、勝ち点17〜19。54カ国が13枠を争う厳しい欧州予選のラスト2試合では、様々な喜怒哀楽が生まれることになりそうだ。

 残り2試合の対戦カードは以下のとおり。

[グループA]

10月7日

ブルガリア vs フランス

ベラルーシ vs オランダ

スウェーデン vs ルクセンブルク

10月10日               

オランダ vs スウェーデン

フランス vs ベラルーシ

ルクセンブルク vs ブルガリア

[グループB]

10月7日

アンドラ vs ポルトガル

スイス vs ハンガリー

フェロー諸島 vs ラトビア

10月10日               

ポルトガル vs スイス

ラトビア vs アンドラ

ハンガリー vs フェロー諸島

[グループC]

10月5日

北アイルランド vs ドイツ

アゼルバイジャン vs チェコ

サンマリノ vs ノルウェー

10月8日

ドイツ vs アゼルバイジャン

ノルウェー vs 北アイルランド

チェコ vs サンマリノ

[グループD]

10月6日

オーストリア vs セルビア

ジョージア vs ウェールズ

アイルランド vs モルドバ

10月9日

ウェールズ vs アイルランド

セルビア vs ジョージア

モルドバ vs オーストリア

[グループE]

10月5日

モンテネグロ vs デンマーク

ルーマニア vs カザフスタン

アルメニア vs ポーランド

10月8日

デンマーク vs ルーマニア

ポーランド vs モンテネグロ

カザフスタン vs アルメニア

[グループF]

10月5日

イングランド vs スロベニア

スコットランド vs スロバキア

マルタ vs リトアニア

10月8日

リトアニア vs イングランド

スロベニア vs スコットランド

スロバキア vs マルタ

[グループG]

10月6日

スペイン vs アルバニア

イタリア vs マケドニア

リヒテンシュタイン vs イスラエル

10月9日

イスラエル vs スペイン

アルバニア vs イタリア

マケドニア vs リヒテンシュタイン

[グループH]

10月7日

ボスニア・ヘルツェゴビナ vs ベルギー

キプロス vs ギリシャ

ジブラルタル vs エストニア

10月10日

ベルギー vs キプロス

エストニア vs ボスニア・ヘルツェゴビナ

ギリシャ vs ジブラルタル

[グループI]

10月6日

クロアチア vs フィンランド

トルコ vs アイスランド

コソボ vs ウクライナ

10月9日

ウクライナ vs クロアチア

フィンランド vs トルコ

アイスランド vs コソボ

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images