<ニューズウィーク日本版10月3日発売号(2017年10月10日号)は「日本人が知らないマインドフルネス」特集。企業の研修や医療現場で導入が進んでいるマインドフルネスは、本当に心と体を救うのか。日本ではまだ知られていないその効果をレポート。この特集から、性機能障害の治療法としての有効性に関する記事を転載する>

マインドフルネスは、性機能障害に苦しむ女性にも朗報をもたらすかもしれない。

性的欲求を感じにくい、オーガズムに達しにくい、性交時に痛みがあるといった性機能障害は、年齢や性的指向を問わず多くの女性を悩ませている。パートナーとの関係や生活の質に及ぶ影響は、時に極めて重い。

「イギリス、アメリカ、スウェーデン、オーストラリアの研究によると、女性の35〜55%は、強い性的欲求を感じていない」と、ハブロック・クリニック(ロンドン)の臨床心理士カレン・ガーニーは言う。「私たちのクリニックを受診する女性には、挿入を伴う性交の際の痛みと性欲の減退を訴える人が特に多い」

これまで性機能障害の治療法として最もよく知られてきたのは、認知行動療法だろう。患者自身の物事の捉え方を見直し、変えていく療法であり、具体的には心理面の教育、コミュニケーションやリラクゼーションのためのトレーニング、専門家の指導の下でのマスターベーションなどが行われる。

「性機能障害の原因は、心理的なものもあれば、生理的なものもある」と、カップルの関係改善を支援するイギリスの団体「リレート」のセックスセラピスト、ピーター・サディントンは言う。「認知行動療法は、患者が自分の陥っているパターンを把握し、過去の経験がどのような影響を及ぼしているかを知る手助けになる場合が多い。治療効果はかなりある」

しかし、その効果がデータによって十分に裏付けられているとは言えないとの指摘もある。臨床試験の多くは被験者数が非常に少なく、追跡調査の期間も短い。しかも一部の実験では、半数以上の患者に症状の際立った改善が見られていないのだ。有効性を断定するには、まだデータを集める必要がありそうだ。

そうしたなかで、セラピストが女性たちを救うために使える選択肢を増やせるように、新しいアプローチを模索することの意義は大きい。そんな新しい治療法の1つとして脚光を浴びつつあるのが、この15年ほどの間に用いられるようになったマインドフルネスに基づく治療法(MBT)だ。

MBTの特徴は、患者が自分の現時点の思考と感情を受け入れるように促すことにある。患者の思考を直接組み換えることを目指す場合が多い認知行動療法とは、この点で異なるものだ。

【参考記事】科学者が注目する「マインドフルネス」の本当の効果

レア・スルグ