3日、観察者網は、国慶節連休を利用して日本を訪れた中国人観光客がバッグを落としたが、無事戻ってきたというエピソードを紹介した。写真は福岡。

写真拡大

2017年10月3日、観察者網は、国慶節連休を利用して日本を訪れた中国人観光客がバッグを落としたが、無事戻ってきたというエピソードを紹介した。

ある中国人観光客の女性は、福岡空港の免税店を巡っていた際、付近のトイレに入った。それから約30分後、携帯していたハンドバッグがなくなっていることに気付いた。中には現金やクレジットカード、パスポートのコピーなどが入っていたという。

慌てた女性は免税店のスタッフに問い合わせた。スタッフは中国人で、売り場にいるほかのスタッフたちにトランシーバーで聞いてくれたが、見つかったという情報は得られずじまい。中国人スタッフからは「中国人観光客が多いですからね。もし日本人ならきっと戻ってくると思いますが…」と言われたという。

女性はツアーガイドを探してバッグを紛失した旨を報告。すると若い男性ガイドは、SNSを使ってガイド仲間に助けを求めてくれた。5分ほどすると、別の中国人ガイドが明るい表情でやって来た。彼女が引率する中国人観光客の中にバッグを拾ってくれた人がいたという。「中国人が多いから見つからないかも」と言われた中で受けた名も知らぬ中国人観光客の優しさに、女性は大いに感動したようである。

記事は、「国を出る中国人観光客一人一人が、祖国のイメージを代表している。あなたの心温まる行動によって、偏見は変わっていくかもしれない」と結んでいる。(翻訳・編集/川尻)