とんでもないスピードを武器とするサネ

写真拡大

マンチェスター・シティ所属のドイツ代表FWレロイ・サネが、チェルシー戦で時速35.48劼竜録を樹立し、プレミアリーグ最速の選手となった。

シティの情報誌『Manchester City News』の報道によれば、サネがスタンフォードブリッジで開催されたチェルシー戦で時速35.48劼鬟沺璽したという。

サネはこうしてアンソニー・マーシャルとジェイミー・ヴァーディの記録(時速35.40辧砲鯆兇─▲廛譽潺▲蝓璽虻蚤の男になった。

21歳のサネは2016年夏にシャルケ04からシティへ移籍し、現在2シーズン目を迎えている。

監督のペップ・グアルディオラと同時期にシティへ加入したサネは、そのスピードと両サイドからの巧みな攻撃により主要選手となっている。今シーズンは計7試合(うち先発3試合)で合計3ゴールを決めている。