ドイツ2部で起きた"ポスト4回直撃"が話題に【写真:Getty Images】

写真拡大

ドイツ2部リーグ、3秒間にポスト直撃が4回起こる珍場面が発生

 海外サッカーでわずか3秒の間にポストを4回直撃する珍場面が発生。まばたき厳禁の攻防をリーグ公式Youtubeチャンネルが動画付きで紹介し、話題を呼んでいる。

 12人目の選手がいるのではないか。思わずそう感じてしまうほど、ペナルティーエリア内にあるボールがゴールに向かっても入らない。攻撃する側としては何とももどかしい、守る側としてはホッと胸をなで下ろすシーンが訪れたのは、ドイツ2部の2.ブンデスリーガ、3日(日本時間4日)の第9節、フォルトゥナ・デュッセルドルフ対MSVデュイスブルクの一戦だ。

 ホームのデュッセルドルフが2点リードで迎えた後半8分だった。デュイスブルクに左サイドから攻め込まれ、逆サイドへのクロスボールがペナルティーエリア内にこぼれて、走り込んできたDFエニス・ハジリの下へ。胸トラップからダイレクトで放たれたシュートは密集地帯の間をすり抜けて左ポストを直撃。そのまま猛スピードで逆サイドに向かって今度は右ポストを叩き、そのこぼれ球をFWスタニスラフ・イリュチェンコが押し込もうとするもポストに嫌われる。さらに、再びはね返って来たボールもDF2人とポストに阻まれて、結局ゴールネットが揺れることはなかった。

 この珍場面を紹介したブンデスリーガ公式Youtubeチャンネルで観ると、時間にしてわずか3秒間で4回のポスト直撃。単純計算で0.75秒あたり1回の頻度で当たり、なおかつゴールを割っていないのだからつい目を疑ってしまう。まるでポストに命が宿り、“12人目の選手”としてゴールを守っているようだ。

リーグ公式サイトも特集「フラストレーションそのもの」「信じられない瞬間」

 動画は「フラストレーションそのもの:3秒間に4本のショットがポストへ」と記し、「2.ブンデスリーガのフォルトゥナ・デュッセルドルフとMSVデュイスブルク戦の53分(後半8分)に信じられない瞬間があった。ビジターはゴールラインを越えて、ボールをフォルトゥナのネットに入れることができず。代わりに、驚くことに数秒でゴールの枠を4回叩いた」と紹介している。

 ファンからも「アンラッキーすぎる」「オーマイガー」と驚きの声が挙がり、他にも「一言で表せば…」と泣き笑いの絵文字をつけるものや、「5回当たっているように見える」と混戦での攻防でもう一回ポストを叩いているのではないかと指摘するものもあった。

 試合は後半10分にデュッセルドルフが3点目をゲット。その2分後にデュイスブルクが1点を返し、3分間で2点が生まれる“ゴールラッシュ”もある中、そのまま3-1でホームチームが勝利したが、もしポストの「援護射撃」がなかったら結果は変わっていたかもしれない。