井上苑子と水野良樹

 シンガーソングライター・井上苑子の新曲「せかいでいちばん」が、10月26日からNetflixで全世界配信される『あいのり Asian Journey』の主題歌に決定した。同曲の作詞・作曲はいきものがかり・リーダーの水野良樹が担当する。

 『あいのり』は1999年の放送開始から社会現象にもなった番組。その久々の復活にあたり、番組側より主題歌の制作を、数々のヒット曲を手掛けた稀代のメロディーメーカー・水野良樹に依頼。歌を、リアルな歌詞とキュートなボーカルで同世代を中心に多くの共感を集めている、19歳女性シンガーソングライターの井上苑子に依頼し、新たなシーズンの「あいのり」の主題歌にふさわしい、初のタッグが成立した。

 主題歌のタイトルは「せかいでいちばん」。海外で旅をしながら愛を探していく番組の内容と、恋する女性のピュアな気持ちが重なったタイトルとなっている。番組スタートに先駆け、18日からLINE MUSICで先行配信スタート。11月1日に、井上苑子10代ラストのシングルとしてリリースされる。

 この曲の制作にあたって水野は「番組の中の恋に纏わるいろんなシーンで、視聴者の皆さんが、自分の恋を当てはめてみたり、その出演者を応援してみたりする。その気持ちに繋がるような、繊細なメロディに井上さんの声をのせて、みなさんの想いに繋がれば、と思って作りました」とコメントをしている。

 また、憧れのアーティストである水野との初のタッグに井上は「一番初めにデモで曲を聴かせてもらった時から、とっても素晴らしい曲でした。私は小学生の頃から、いきものがかりさんの曲を聴いて育ったので、こうやって水野さんか作った曲を私が歌うのは夢のようです。私にとって10代最後の大切な曲だし、一生忘れられない特別な一曲です。せつなくもあり、優しく暖かな気持ちになる部分も沢山あり、自分を重ねられる歌だなって思います。ひとつの恋の歌として誰かを勇気づけたり出来たらいいなと思っています」とコメントをしている。

 なお、東京、大阪でのリリースイベントも決定。詳しくは井上苑子オフィシャルサイトで確認を。