マタニティコンサートの草分け的存在として知られるフルート奏者の吉川久子さん(本人提供)

マタニティコンサートをご存じだろうか。妊娠した女性たちに心身ともにリラックスしてもらうことを目的とした音楽コンサートであり、リラックスすることで母体の血流がよくなり、胎児の発育がよくなるなど、音楽にはさまざまな効果が期待されているという。

このマタニティコンサートの草分け的存在として知られるのが、フルート奏者の吉川久子さんだ。吉川さんは、これまで30年にわたり、1300回を超えるマタニティコンサートを実施し、その間、1993年には秋篠宮妃紀子様、2014年には秋篠宮ご夫妻のご臨席の下、フルートの音を披露するなどしてきた。

30年にわたる活動の裏には、たくさん苦労もあったと思うが、長期にわたって活動を続けてこられた原動力や、今年10月から開始する「愛のフルートコンサート 未来の子供たちへのオマージュ」と題する全国ツアーに懸ける思い、さらに、日本では意外と知られていない東欧の親日国、セルビアとの音楽を通じた交流などについて、話を伺った。

マタニティコンサートを始めたきっかけは?

吉川さんは、音大卒業後、レコード会社「日本コロムビア」に就職し、レコード制作のディレクターを目指していた時期がある。ソリストへの夢が捨てきれず、後に会社は辞めることになるが、この会社員時代に、後のマタニティコンサートの原型となるような活動が始まった。

母子手帳の発行を受けた妊婦を対象とする「母親学級」で、妊娠中の注意事項などの話をする合間のリラックスタイムに、ちょっとフルートを吹いてみないかという話が、会社の仕事として来たのだ。吉川さんが、音楽と心理について勉強していたことや、世界中の子守歌を収集する活動をしていたことなどから、白羽の矢が立ったのではないかという。

とはいえ、お腹の大きな妊婦さんばかりを集めたコンサートなど前例がなく、どのようにすればリラックスしてもらえるかを必死に考えた結果、クラシックだけでなく、子守歌や日本の曲、映画音楽などさまざまな楽曲をフルート曲にアレンジして演奏することにした。レコード制作に携わり、多岐にわたるジャンルの楽曲に触れていたことの影響が大きかったという。

また、当時は、クラシックの演奏家は、曲を演奏するだけのスタイルが一般的だったが、トークを交えたコンサートを始めたことも、画期的だった。「ハイドンのお父さんは車大工の仕事をしていたので手先が器用で、子どもに音の鳴るオモチャを作って、音に興味を持たせました」というような話をしたり、日本の曲を演奏するときには、曲が生まれた土地の話をするなどして、少しでも音楽に興味を持ってもらえるよう努力した。その結果、一風変わったコンサートとして好評を得るようになり、マタニティコンサートとして、しだいに定着していった。多いときには、マタニティコンサートだけで、年間50〜60回行っていた時期もあるという。

なぜ、長く活動を続けてこられたのか

こうして船出したマタニティコンサートだが、音大時代の恩師や周囲の人たちからは、「音楽を専門に学んだあなたが、なぜ妊娠中の人を対象にしたコンサートをするのか?」とか「クラシックの曲が演奏できるのに、なぜ童謡を吹くのか?」と言われることも少なからずあった。日本には、西洋のクラシックは高尚なもの、子守歌や日本の曲は大衆的なもので価値が低いと評価する傾向が少なからずあるのだ。また、少しずつ名前が知られるようになるにつれ、「マタニティの吉川久子」といわれるようになるが、これも吉川さん自身は嫌だったという。「マタニティコンサート」を評価されるよりも先に、フルート奏者の吉川久子として評価してほしかったのだ。

そんなこともあり、「まったく迷いがなかったといえばうそになる」という中、30年もの長きにわたって活動を続けてこられた原動力とは何なのか、吉川さんに聞いた。

「まず、私の中で大きいのは、マタニティコンサートにご臨席いただいた、秋篠宮妃紀子様からいただいた“励まし”のお言葉です。マタニティの活動を始めて10年目くらいのときに、主催者を通じて、私にも聴かせてくださいと連絡をいただきました。1993年のことですから、眞子様がお生まれになった後で、翌年に佳子様がお生まれになる、ちょうど間の時期でした。コンサート終了後、紀子様ご本人からいただいた、“いつまでも妊娠中の女性と未来の子どもたちに、フルートの音を届けてください”という言葉は、活動を続けるうえで、大きな励みになりました」と話す。


秋篠宮妃紀子さまに、ごあいさつする吉川さん(本人提供)

また、今では多くの演奏家がマタニティコンサートを行っているが、吉川さんが“草分け”になったことや、活動を長く続けてこられたのは、「フルート奏者」であることも大きいのではないかという。

「フルートの音は母親の声と音域がとても近いですし、シンプルな単旋律を奏でる楽器なので、子守歌と同じような感じで、お腹の中の赤ちゃんに音色が届くのではないかと思います。赤ちゃんが生まれた後、むずかっているときに、お腹にいるときに聴かせた曲を聴かせると、静かになったという話も聞いたことがありますから、骨盤や羊水を通じて、お腹の赤ちゃんにも音楽は、ちゃんと届いているのだと思います。

また、2009年に英科学誌『ネイチャー(Nature)』で報じられたことですが、ドイツ南西部ウルム近郊の洞窟の中で、3万5000年以上も前の時代の、マンモスの牙を素材とする世界最古の横笛が見つかりました。しかも、その場所は、その少し前に世界最古のビーナス像が見つかったのと、ほぼ同じ場所だったのです。このビーナス像は高さわずか6cmのごく小さなもので、安産や多産のお守りではないかという学説もあるそうです。安産のお守りと横笛が同じ場所に埋葬されていたというニュースに触れるにつけ、私がフルートでマタニティコンサートを始めたのは、何かに導かれてのことだと感じずにはいられませんでした」

そして、吉川さんの長年の活動を支えてきた、いちばん大きな原動力は、何といってもコンサートに足を運んでくださったお母さんや子どもたちとの出会いや、その笑顔だ。

「私が街を歩いていると、呼び止める女性がいて、傍らにいる子どもを、胎児のときに吉川さんの音楽を聴いた子どもがこんなに大きくなりましたと、笑顔で紹介してくださったことがありました。また、コンサートに、見ず知らずの子どもたちが花束を持ってきてくれたことがありましたが、その子たちも、マタニティコンサートのお客さんの子どもたちでした。こうした出会いの一つひとつが、私の活動の糧になっているのを実感します」

未来の子どもたちへのオマージュ

30年間、マタニティコンサートを続けていると、最初の頃、お腹の中で吉川さんの音楽を聴いた子どもたちが生まれ、成長し、そろそろ、親になる年齢になる。そこで、昨年、東京の明治神宮と鎌倉の建長寺で行った30周年記念コンサートを区切りとし、吉川さん自身も新たなステージへと歩を進めることにした。それが、今年10月8日の三重県を皮切りに、全国47都道府県でコンサートを行う「愛のフルートコンサート 未来の子供たちへのオマージュ」だ。

このコンサートは、妊婦に限らず、妊婦の家族を中心に誰でも参加できるようにするとともに、少子化、育児放棄、児童虐待など多くの問題がある現代において、改めて「親子の絆」「家族の絆」「地域の絆」の大切さを訴えることをテーマにするという。


吉川久子(よしかわ ひさこ)/フルート奏者。ソリストとして活動する一方、チェコ・フィルハーモニー八重奏団、ザグレブ弦楽四重奏団など海外アーティストとの共演も多い。2016年上半期にはJAL国際線全機にCD作品『櫻』がエンターテインメントとして採用(本人提供)

「マタニティコンサートという題名だと、妊婦以外の方は参加できないという誤解を与えてしまいます。まだ妊娠していないけど、これから子どもを持ちたいという方なども、本当は大歓迎なのです。それから、昔は、マタニティコンサートの参加者は、ほとんどが女性で、男性の方は肩身が狭そうでしたが、最近は、奥様と連れ添って来てくださる男性の方も、大勢いらっしゃいます。

そんなこともあり、“命の絆”を考えてくださる方なら、どなたでも気軽に参加できるよう、間口を広げる意味で、新たにタイトルを変えてコンサートを開始することにしました。おじいちゃん、おばあちゃん。お父さん、お母さん。そして子どもたちという3世代にわたる家族ぐるみの参加を中心に、さまざまな方に足を運んでいただければうれしい」と話す。ちなみに、10年で全47都道府県での演奏を終えるのを目標にしているという。

音楽は国境を超えて

最近の吉川久子という演奏家を語るうえで、もう1つキーワードになるのが、東欧のセルビア共和国という国だ。セルビアは旧ユーゴスラビア連邦に属した国で、日本では、あまり知られていないが、大変な親日国だという。というのは、コソボ紛争で、NATOによる空爆などでダメージを受けたセルビアに対して、いち早く経済協力をしたのが日本だったのだ。日本の外務省のホームページによれば、セルビアの人たちからいちばん感謝の念が示されたのは、“(セルビアの首都である)ベオグラード市交通公社にバス93台を供与したこと”であり、今でも、日本とセルビア両国の国旗が車体に描かれたバスが、ベオグラード市内を走っているという。

そのセルビアが、平均月収4万円という経済的に貧しい国であるにもかかわらず、日本で東日本大震災が起きたときには、民間の力で1億9千万円を集めて寄付してくれたという。吉川さんは、偶然、セルビア大使館と知り合う機会があって、その話を知った。そして、その頃、セルビアが大洪水に見舞われていることを知り、今度は日本からのささやかな恩返しをということで、チャリティコンサートの収益の一部を、大使館を通じて送ったのが、セルビアと吉川さんの交流の始まりだ。

今年の春には、日本とセルビアの友好を兼ねて、ベオグラードを訪れ、現地の4歳から18歳の音楽を学ぶ学生・子どもたちを対象に、ワークショップやコンサートを行った。具体的には、セルビアの子どもたちと、日本を代表する曲「さくらさくら」を共演し、「春の海」(宮城道雄作曲)、「谷戸の風」(吉川久子作曲)など日本の旋律を紹介した。さらに、日本をイメージして子どもたちに作曲をしてもらったところ、「紫」「武士」「海」といったタイトルの曲が出来上がり、演奏してもらった。このような活動を通じて、セルビアの子どもたちが、音楽をはじめ、日本のさまざまなことに、とても関心を持ってくれていることがわかった。もっと幅広く、日本の文化を紹介したいので、ぜひ再訪したいという。


セルビアツアーで音楽を学ぶ学生・子どもたちに囲まれて(撮影:セルビアツアーに同行した女優の小山明子さん)

心配なのは、日本の音楽教育

海外の楽団とのコラボでも日本の曲をプログラムに組み込むなどしている吉川さんが、今心配しているのは、日本の昔からの曲が、次々と日本の音楽の教科書から姿を消していくことだという。

「音楽には、その土地の風土や気候、生活様式や文化が強く反映されています。わが国の音楽教育は、私たちの財産でもある日本の曲を軽視しているように思えてなりません。小さいときに日本の曲にもしっかり触れたうえで、高校、大学になったら好きな曲、やりたい曲を選んでいくというのならいいのですが、そもそも子どもたちが日本の曲に触れるチャンスを奪ってしまうのは、とても残念です」と話す。