処分を受けた熊谷アンドリュー【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J2リーグのジェフユナイテッド千葉が5日、暴行容疑で逮捕されたMF熊谷アンドリューに対する処分を発表した。

 熊谷は9月27日未明、東京都内でタクシー乗務員の胸ぐらを掴んだため暴行容疑で現行犯逮捕されそのまま勾留された。9月28日夕刻、処分保留のまま釈放されている。クラブの発表によると、公式戦4試合の出場停止処分と減俸40%(1ヶ月)の処分を熊谷に科したとのこと。

 千葉の公式サイトを通じて熊谷は「このたびは、私の一社会人としての自覚に欠けた軽率な行動により、多くの方に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。今後は二度とこのような事を起こさないのはもちろんのこと、自分自身の取るべき責任と行動を示していきたいと思います。そして、ジェフユナイテッド市原・千葉の一員としてサッカー選手を続けていけるチャンスをいただいたクラブ、スポンサーおよびサポーターの皆さまに対し、感謝の気持ちを伝えられるように真摯にサッカーに取り組みたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」とコメントしている。

 熊谷は横浜F・マリノスの下部組織出身で過去に世代別代表も経験している24歳のMF。昨年ツエーゲン金沢に期限付きで加入してシーズンを通してコンスタントにプレーしたあと、今年は千葉に期限付きで加わった。今シーズンはリーグ戦で27試合に出場している。

text by 編集部