5日、卓球の中国スーパーリーグに日本選手が参戦できなくなったことが分かった。共同通信が報じた。

 日本協会関係者によると、中国協会が同リーグにすべての外国人選手を出場させない方針を固めたという。少なくとも2020年東京五輪までは参戦できない見込みで、強化が進む日本選手を警戒しているとみられる。

 これまでも中国側は、五輪の約1年前から日本選手の受け入れを制限してきた。

卓球の中国リーグに参戦できず 日本選手を警戒か(共同通信)