錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

ツイッターでニューヨークOPとメキシコOPの出場を発表

 男子テニスのシングルス世界ランキング14位・錦織圭(日清食品)が、来年2月に行われる新設大会のニューヨーク・オープン(11日開幕・ユニオンデール)、そしてメキシコ・オープン(26日開幕・アカプルコ)に出場する。大会主催者が公式ツイッターで出場予定メンバーを発表し、錦織も自身のツイッターでそれぞれ「僕は2月のニューヨーク・オープンに出場します」「すぐに会いましょう、メキシコで!!!」とつづっている。

 錦織が4日夜と5日早朝にツイッターを更新。大会出場に関して自ら触れた。来年2月に行われるメキシコ・オープンの大会主催者から参戦が発表されると、その投稿を引用する形で「すぐに会いましょう、メキシコで!!!」とツイッターに投稿。さらに、出場選手の一部を公開したニューヨーク・オープンの公式ツイッターに対しても、「僕は2月のニューヨーク・オープンに出場します」と明言した。

 ニューヨーク・オープンは18年から新設される大会。錦織が2013年から4連覇したメンフィス・オープン(ATP250シリーズ)に代わり、開催地を変更して行われる。

テニスTVが公開した日本での名場面動画に一言「僕はとても若く見える」

 また4日には、日本で現在行われている楽天ジャパンオープン(ATP500シリーズ)にかけてATP公式中継サイト「テニスTV」が公開した、錦織の“ホーム”である日本での名場面動画に反応。「ニューカマー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した2009年、ATPツアー編入以降では初の日本人優勝者となった12年、2度目の優勝を飾った14年の映像が収められている。

 特に、日本のファンの前でタイトルを獲得した12年は、「日本は僕の母国ですし、この大会は僕の出場したかった目標であり、そして勝つことが夢でした。本当に信じられない感覚です」と驚きと感動の優勝インタビューも収録。19歳から24歳の若い時代の姿に、錦織は嬉し泣きと考えている顔の絵文字を付けて「僕はとても若く見える」とつづった。

 錦織は8月に右手首痛により今季残り全日程の欠場を発表し、リハビリに励んでいる。今回、来年2月の大会出場が決まり、復帰に向けて大きな一歩を踏み出したと言えそうだ。