W杯100周年の2030年大会 ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイが3カ国共催で立候補へ

写真拡大

正式な立候補は4年後 2026年大会ではアメリカ、カナダ、メキシコも3カ国共催を目指す

 FIFAワールドカップ(W杯)第1回大会開催から100周年となる2030年大会は初代王者ウルグアイ、2度の優勝を誇るアルゼンチン、そしてパラグアイの3カ国が共催で立候補することになるという。

 米スポーツ専門放送局「ESPN」が報じた。

 この大会は1930年にウルグアイで初開催されたW杯から100周年という節目を迎える大会となる。正式な立候補の表明は4年後だが、すでにウルグアイとアルゼンチンの2カ国が共催する可能性が浮上していたが、そこへ新たにパラグアイが加わった。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、4日にアルゼンチンサッカー協会を訪問。その後に「アルゼンチンは今日のフットボールの歴史を作るのに貢献してきた」と語るなど、アルゼンチン開催に好意的なコメントを残していたとも報じられている。

 また、英公共放送「BBC」によればパラグアイのオラシオ・カルテス大統領は、「(立候補の準備に向けた)最初の話し合いは11月の第1週に行われる」と語り、詳細についての議論が行われると明かしている。

 W杯は2026年大会から出場国が現行の32カ国から48カ国へ増大。同大会でもアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が共催での立候補を表明するなど、大会の規模が拡大していくことが予想される。W杯100周年記念大会の開催地決定の行方に、今後も注目が集まりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images