J2千葉、暴行容疑で逮捕の熊谷アンドリューに処分…4戦出場停止、減俸も

写真拡大

 ジェフユナイテッド千葉は5日、先月末に暴行容疑で逮捕されたMF熊谷アンドリューに対する処分を発表した。同選手は公式戦4試合出場停止、減俸40パーセント(1カ月)を科されることとなった。

 熊谷は9月27日、暴行容疑で警視庁に逮捕され、翌28日に処分保留で釈放された。28日に本件を報告した千葉は「当該選手につきましては今後明らかになる事実関係を踏まえ、あらためてクラブとしての対応をお知らせいたします」と伝えていた。

 そして今回、同クラブは事実の詳細を報告。公式HPに以下のように記している。

・処分の基となった事実

「2017年9月27日未明、弊クラブ所属の熊谷アンドリューは東京都内でタクシー乗務員の胸ぐらを掴んだため、暴行容疑で現行犯逮捕されそのまま勾留された。9月28日夕刻、処分保留のまま釈放された」

・処分の理由と今後に向けた対策

「釈放後、弊クラブは本人と面談するなどして事実関係の確認を続けてきました。その結果、熊谷選手の行為は社会人としてあるまじきものであり、クラブの信用を大きく損なう行為であると判断しました。そのうえで、相手に怪我が無かったこと、相手との示談が成立していること、本人が今回の事件を深く反省していることなども併せ考え、今回の処分に至りました」

「弊クラブとしましては、今後、同様の事象の再発防止に向けた選手、スタッフ教育の徹底など、必要な対策を講じてまいります」

 熊谷は以下のようにコメントしている。

「このたびは、私の一社会人としての自覚に欠けた軽率な行動により、多くの方に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。今後は二度とこのような事を起こさないのはもちろんのこと、自分自身の取るべき責任と行動を示していきたいと思います。そして、ジェフユナイテッド市原・千葉の一員としてサッカー選手を続けていけるチャンスをいただいたクラブ、スポンサーおよびサポーターの皆さまに対し、感謝の気持ちを伝えられるように真摯にサッカーに取り組みたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」

 また、千葉を率いるフアン・エスナイデル監督のコメントも発表されている。

「このような事が起こったこと自体、決して良いことではありません。選手はプロである以上、このような素晴らしいクラブの象徴だと自覚しなければならないですし、このような過ちは決して犯してはなりません。ただアンドリューはとても後悔していますし、とても素直な青年です。そして、二度と同じことをしてはならないということは重々承知しております。今後は感謝の気持ちを忘れずにプロサッカー選手として仕事をしてもらいたいと思います」

 なお、千葉の代表取締役を務める前田英之氏は、本件の発表に際して以下のようにコメントを発表している。

「弊クラブ所属選手がこのような事態を引き起こしたことを心よりお詫び申し上げます。今年はクラブ一体となってプロフェッショナル意識を植え付けるべく改革に取り組んでおりますが、その道半ばでこのような事象が起きてしまったことはとても残念です。これまで以上に選手・スタッフへの指導を徹底し信頼の回復に努めてまいります」

「被害者の方、そして、ジェフユナイテッド市原・千葉を支えてくださっておりますファン、サポーター、スポンサー、地域の皆さま、またJリーグを支えてくださるすべての皆さまに、ご迷惑とご心配をおかけいたしましたこと、あらためて深くお詫び申し上げます」

 熊谷は1993年生まれの24歳。横浜F・マリノスの下部組織から2012年にトップチームへ昇格し、2014年8月から12月まで湘南ベルマーレ、昨季はツエーゲン金沢、そして今季は千葉へ期限付き移籍で加入している。今季は明治安田生命J2リーグ第35節終了時点で27試合に出場していた。