バイエルンで共に戦ったクロースとペップ

写真拡大

レアル・マドリードのドイツ人セントロカンピスタ、トニ・クロースはバイエルン・ミュンヘンで2013-14シーズンを共に過ごしたカタラン人指揮官のペップ・グアルディオラを称賛した。
クロースはペップの指揮下でプレーしたことは自身のキャリアを前進させたと考えている。

ドイツサッカー連盟のWEBサイトで公開されたインタビューでクロースは、ペップがマドリディスタにとってあまり愛される存在ではないことを考慮することなく、このように語った。
「ペップ・グアルディオラとの 1年間で僕は大きな一歩を踏み出した。」

クロースは彼がバイエルンで一緒に働いた監督達との歩みを簡単に振り返った。
「ユップ(ハインケス)はレバークーゼンとミュンヘンの両方で、私のキャリア序盤における最も重要な監督だった。ペップ・グアルディオラは僕をセントラル・ミッドフィルダーとして考え、彼のシステムにおいて僕のスタイルは完璧にハマった。」

またクロースは当時、レアル・マドリードに移籍する決断を下したことに非常に満足していることを明らかにした。
「僕の契約は適切なタイミングで訪れた。外国のトップレベルのチームに移籍し、チーム内でのポジションを確立した事でさらなる前進をすることができた。僕にとってかなり良かった。」