テニス、中国オープン、女子シングルス3回戦。コートを去るマリア・シャラポワ(2017年10月4日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、中国オープン(China Open 2017)は4日、女子シングルス3回戦が行われ、四大大会(グランドスラム)通算5勝のマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)は2-6、2-6で大会第2シードのシモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)に完敗した。

 ドーピング違反から4月に復帰したシャラポワに対し、8度目の対戦にして初勝利を挙げた世界ランキング2位のハレプは、準々決勝でノーシードのダリア・カサキナ(Daria Kasatkina、ロシア)と顔を合わせる。

 20歳のカサキナは、同日最後に行われた試合で前年覇者の第11シード、アニエスカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska、ポーランド)を4-6、7-5、6-2のフルセットで破り、ベスト8進出を決めている。

 禁止薬物のメルドニウム(Meldonium)使用による15か月間の出場禁止処分に服し、現在の世界ランキングは104位まで落ちている元女王のシャラポワは試合後、トップレベルで戦う上で経験する精神的な浮き沈みについて言及した。

 最近出版した自身の著書の内容について質問を受けた30歳のシャラポワは、「もうハードワークだけでは不十分になってしまった。それが通用したのは何年も前の話で、今はそれだけでは足りなくなっている」とコメントした。

「こういうことを言う理由としては、信じられないような瞬間や絶頂の瞬間がある一方で、どん底のような瞬間もあるから。コートから出るときに、もし自分に子供がいたら、このようなことは経験してほしくないと思ったりもする」

「そういった時の気分は本当につらく、気がめいるもの」

 一方、世界ランク1位のガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza、スペイン)がウイルス感染のため初戦で姿を消したことを受け、優勝候補筆頭となっているハレプは、「彼女(シャラポワ)から初勝利を挙げることができた。とにかくこの瞬間を楽しみたい」と喜んだ。
【翻訳編集】AFPBB News