北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は4日、日本の河野太郎外相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、河野外相が「他国の外交当局者らに会って『朝鮮に最大限の圧力を加えるのが重要だ』『現時点では国際社会が一致団結して前例のない新たな段階の圧力を加えるべき必要がある』と言い散らした」と述べた。

つづけて、「これは、米国の反共和国圧殺策動に積極的に便乗して軍国化を促し、日本全土を危機に追い込んででも自分らの不純な政治目的を実現しようとする軍国主義狂信者らの妄動だ」と糾弾した。

また、このような言動の目的について「朝鮮半島情勢を激化させて米国にこびへつらって自分らの利益をむさぼろうとすることである」とし、「朝鮮半島情勢を緊張させ、政府に対する高まる不満を静めようとする目的も追求している」と指摘した。

その上で「もし、朝鮮半島で願わない核戦争が起きるなら、米国の補給基地、前哨基地となっている日本領土が最初の打撃対象になるということは火を見るより明らかな事実である」と主張した。