アグエロは困難な時を過ごしている

写真拡大

セルヒオ・アグエロは少なくとも1ヶ月半の戦線離脱を余儀なくされる。
アルゼンチン代表の医師ドナト・ビジャニは先週、オランダでタクシー乗車中に交通事故に遭ったマンチェスター・シティのストライカーの状態について語った。

現在、アグエロは回復中であり、ロシアW杯2018南米予選の重要な試合(ペルー戦とエクアドル戦)を迎えるアルゼンチン代表の合宿に参加することはできない。
アルゼンチン代表の医師はアグエロがロシアW杯出場をかけた重要な試合でアルビセレステの力になれないことに悲しみを感じているとコメントした。

「アグエロは代表チームでプレーすることを熱望していたため、非常に気落ちしている状態だ。不可抗力な今回の事件が両試合の出場を彼から奪った。彼は少なくとも1ヶ月半は戦線を離脱するだろう。」

マンチェスター・シティのストライカーは肋骨を骨折しており、少なくとも現時点では自宅から外出することができず、車の乗り降りもできないという。