マンチェスター・シティのレロイ・ザネ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネはプレミアリーグで足の速さにおける新記録を打ち立てた。

 ザネは現地時間9月30日に行われたプレミアリーグ第7節の対チェルシー戦で時速35,48kmを記録した。この数字はこれまでレスター・シティ所属のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディーが持っていた時速35,44kmを0,04km更新しプレミアリーグにおける瞬間最高速度の新記録となった。

 なおこの記録に対し英紙『ザ・サン』では「彼はティラノサウルスよりも速い」との見出しを付け21歳のスピードスターを恐竜と比較している。

 ちなみに、“人類最速の男”ウサイン・ボルトが2009年に100m走で9,58秒という世界記録を作った際の平均時速は37,58km、瞬間最高速度は時速44,72kmである。

text by 編集部