FW久保裕也、同じリオ五輪世代の活躍に本音吐露「悔しさあった」

写真拡大

10月2連戦は「個人のアピールの場だと感じている」と強調

 日本代表FW久保裕也(ヘント)は、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたサバイバルとなる6日のニュージーランド戦と10日のハイチ戦について「個人のアピールの場だと感じている」と、結果にこだわる姿勢を強調した。

 今季の久保は開幕からヘントで中心選手の扱いを受けつつも、なかなかゴールが決まらない時期を過ごした。そのなかで1日のリーグ戦ではクラブ・ブルージュを相手に今季2点目を決め、上り調子で代表に合流。久保自身は「チームで試合に出ていてコンディションに問題はないし、チームのことと代表のことは来たら切り替えている」と、代表モードに入っていると話す。

 久保はW杯最終予選でFW本田圭佑(パチューカ)から右ウイングのポジションを奪う活躍を見せたが、突破の決まった8月31日のオーストラリア戦ではスタメン外となった。その試合ではFW浅野拓磨(シュツットガルト)とMF井手口陽介(ガンバ大阪)といった、同じリオ五輪世代(久保はチーム事情で欠場)の選手たちがゴールを決めており、「悔しさはあったし、同年代の活躍は刺激になる」と本音を明かしている。

ライバル本田不在のなか「結果を残したい」

 本田や浅野ら競争相手のいる右ウイングにいるからこそ「チャンスをもらえれば、目に見える結果を残したい」と力を込める。予選を終えてW杯に向けた強化試合となるが、「個人のアピールの場だと感じています。ワールドカップに向けての競争だと思っています」と、バヒド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表へのサバイバルへ強い意気込みを見せている。

 今回のメンバーでは本田が招集外となっているだけに、ここで結果を残すことは自身の立ち位置を確立することにもつながる。日本が主導権を握り、攻撃回数の増加が見込まれる2試合となるが、ベルギーで高く評価される得点能力を発揮し、W杯へ向けた最高のアピールができるだろうか。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images