マンUのポグバ photo/Getty Images

写真拡大

マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバの趣味の1つにバスケットボールがある。それこそNBAの選手たちと比較してしまえばポグバは小柄な方だが、ポグバの身長は190cmを超えている。あの身体能力ならばバスケットもそれなりにこなせてしまうのだろう。

昨夏もオフにロメル・ルカクとストリートバスケをしている様子をSNS上にアップしており、なかなか上手いと評判だった。今夏もフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードとバスケットを楽しんでいた。しかし英『The Sun』はバスケットをしたことが故障に繋がったのではないかと驚きの見方をしている。

同メディアはクラブがバスケットボールをすることを禁じたと伝えており、クラブのメディカルスタッフはバスケットボールをすることで筋肉や膝、足首に負担がかかったと考えているという。バスケットそのものに原因があるわけではないが、オフにまで激しいスポーツをするのは控えた方がいいのかもしれない。

現在ポグバはハムストリングに問題を抱え、リハビリを続けているところだ。ポグバはNBAの大ファンでもあるが、新シーズンに備えて夏場のバスケットは控えるべきか。