@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

もくじ

ーメルセデス-AMGプロジェクト1 英国製に?
ー限定275台 ソールドアウト
ーゼッチェ会長 購入申込み数に驚き
ー2015年10月の会話

メルセデス-AMGプロジェクト1 英国製に?

AMGのボス、トビアス・メアースによると、メルセデス-AMGプロジェクト1の生産地は英国になる可能性がある。

このハイパーカーは、すでに
・ボディ
・シャシー
・サスペンション
が英国製になることが判明している。それもブリックワースとブラックレーにあるメルセデスF1の施設で、F1マシンのコンポーネントとともに製造されるという。
 

限定275台 ソールドアウト

実のところ、プロジェクト1はいまだに正式名称が与えられていない。限定275台のこのハイパーカーだが、一日の生産台数は1台になるようだ。


2019年に性能試験と開発プログラムが完了し、製造開始は2020年になる見込みだ。

全台数がすでに売約済みで、購入の申込みを済ませているカスタマーは、フランクフルト・モーターショーではじめて実車を目にすることができた。
 

ゼッチェ会長 購入申込み数に驚き

購入申込みは、なんと生産台数の4倍に達したという。


ダイムラーのディーター・ゼッチェ会長は、「メルセデスで過ごした40年間に、これほど注目を集めたモデルはありません」と語っている。

「公道を走るF1マシン」というアイデアは、メアースとアンディ・コーウェル(F1エンジンのエンジニア)が2年前に交わしたひと言の会話で決まったという。
 

2015年10月の会話

メアースは次のようにその経緯を明かしてくれた。

「メルセデス-AMGが、こうしたモデルを作ることになるのなら、単にV8、V10、V12エンジンを搭載するだけでは済まされません。ずっとソフィスティケイトされている必要があるのです」


「その時すでに、わたし達はF1でベストなパワートレインを作り上げていました。それでアンディを呼びつけたのです。彼は、準備に2カ月欲しいと懇願してきましたが、その後はゴーサインを出すだけでしたよ」