Googleは現地時間10月4日、新製品発表イベントを行い、独自ブランドスマートフォンの第2世代となるPixel 2/2 XL、スマートスピーカーGoogle Homeの小型版となるGoogle Home Mini、ハイエンド版Google Home Max、Chromebookのハイエンド版Pixelbook、ワイヤレスヘッドホンGoogle Pixel Buds、クリップ型のウェアラブルカメラGoogle Clipsを発表しました。

Googleが発表した製品群

 

Pixel 2とPixel 2 XL


 
Pixel 2/2 XLは、両サイドを同時に絞るように押すと、音声アシスタントGoogle Assistantを起動するという新機能を搭載しています。
 
事前の噂通り、やはりヘッドホンジャックは廃止され、USB-Cポートとなりました。Googleは従来のヘッドホンも使用できるよう、Pixel 2/2 XLにUSB-C-3.5ミリアダプタを同梱しています。
 
Pixel 2は5インチの有機EL(OLED)ディスプレイ搭載で青、黒、白の3色展開、価格は649ドル(約73,000円)から。Pixel 2 XLは6インチディスプレイ搭載で、黒または黒/白、849ドル(約96,000円)からとなっており、オーストラリア、カナダ、ドイツ、インド、イギリス、アメリカの6カ国で本日より予約を開始しています。

 

Google Home MiniとGoogle Home Max

Google Home Mini


 

Google Home Max


 
スマートスピーカーについては直前に情報がリークされた小型で円形のGoogle Home Mini(49ドル)に加え、ハイエンド版であるGoogle Home Maxも発表されました。周囲の雑音が大きいと自動的に音量を上げるなど、状況を感知する「Smart Sound」機能を搭載しています。
 
こちらは性能面からいって、12月に発売予定のAppleのHomePodに対抗する製品と見られています。発売はHomePodと同じく12月、価格はHomePodより50ドル高い399ドル(約45,000円)です。
 

Chromebookのハイエンド版Pixelbook


 
Pixelbookは、その低価格と導入しやすさで学校などの教育市場を席巻しているChromebookの高性能版です。13.2インチスクリーンを搭載し、ディスプレイを外側に折り曲げればタブレットとしても使え、スタイラスペン入力に対応します。ただし価格が999ドル(113,000円)以上と、Chromebookと比べるとかなり高めな価格設定となっています。10月末の発売で、販売国はアメリカ、カナダ、イギリスの3カ国です。

 

ワイヤレスヘッドホンGoogle Pixel Buds


 
ヘッドホンジャックがなくなったPixel 2/2 XLで使用できるワイヤレスヘッドホンGoogle Pixel Budsは、AppleのAirPodsのような左右が完全に独立したデザインではなく、コードでつながっています。ケースが充電器としても機能し、価格は159ドル(約18,000円)で、11月に発売されます。

 

ウェアラブルカメラGoogle Clips


 
アクションカメラGoProを小型に、携帯しやすくしたのがGoogle Clipsです。クリップ式で洋服などに簡単につけられるウェアラブルカメラGoogle Clipsの価格は249ドル(約28,000円)です。
 
Googleが今回発表した一連の製品をまとめているのが以下の動画です。
 


 
 
Source:Twitter(Google),Forbes
(lunatic)