原口元気の“超ドリブル”、ブンデス公式が「ベストアシスト」認定だ

写真拡大

先週末に行われたブンデスリーガのバイエルン戦で、素晴らしい突破からアシストを記録した原口元気。

ドイツ代表DFを次々と抜き去りにしたそのドリブルは、リオネル・メッシ級だと話題になった。

そんな原口のドリブルを、ブンデスリーガの公式も紹介していた。

ブンデスリーガ公式は、この節の「トップアシスト」として原口のドリブルをピックアップ。

映像で紹介するとともに、キャプションにはこのようなコメントが書かれていた。

「ベルリンの原口元気はセンセーショナルなドリブルでほぼ全てのバイエルンDFを弄び、51分、デュダのゴールを演出することでスコアを2-1とした。

ヘルタが王者であるバイエルン相手に2-2と追いついた試合で、彼は軽快なフットワークでボアテング、フメルス、キミッヒ、そしてウルライヒまで立ったままにした」

また、ブンデスリーガの公式はこの節のベストゴールとして武藤嘉紀の得点を5位に、香川真司の得点を2位にそれぞれ選んでいる。