フットボールチャンネル編集部が提言する日本代表のニュージーランド戦スタメン。

写真拡大

 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表と対戦する。

 ロシアW杯出場を決めて迎える最初の代表戦。今シリーズはこれまで出場機会に恵まれなかった選手たちのアピールの場となりそうだ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、ニュージーランド戦ではどのようなスタメンを選ぶのか。

 GKは東口順昭だろうか。ハリルジャパンに継続的に名を連ねているが、ピッチに立った回数は少ない。本人もモチベーションを高く持って代表合宿に取り組んでいるはずだが、出場機会が欲しいところだろう。

 4バックは左から車屋紳太郎、昌子源、植田直通、酒井宏樹というラインナップを推したい。車屋、植田と出場すれば代表初キャップを刻むことになるが、共にJ1で実力を示している。車屋はスピードを活かした攻め上がりや単独突破が可能。植田は長身に加えてスピードもあり、何よりどんな相手にも怯まない闘志が魅力だ。代表でのパフォーマンスは未知数だが、今後に向けて必要な人材のため親善試合で積極的に試してもらいたい。

 とはいえメンバーを一気に入れ替えるのは連係を磨くうえで得策でないだろう。そのため、現在の主力選手から酒井宏樹と昌子を起用。車屋、植田の経験不足を補う意味でも2人の貢献が求められるか。

 中盤は『アンカー・小林祐希』はどうだろうか。オランダ1部・ヘーレンフェーンで欠かせない存在となったレフティーは守備的な仕事も完遂でき、日本にいた頃よりパワーアップしている。攻撃では自由を与えられることで相手の脅威となるが、守備的な役割を担えば求められていることを理解してプレーできる知性を備えている。

 インサイドハーフは香川と井手口のコンビ。井手口は二度追いができ、彼の活動量は攻守でチームの助けとなるはず。それによって香川もある程度自由にプレーできるのではないか。ハリルジャパンのエースとして期待のかかる10番と、新たに台頭した若武者がどのような化学反応を見せるのか、指揮官としてもチェックしておきたいポイントではないだろうか。

 前線は中央に武藤嘉紀、左に乾貴士、右に浅野拓磨の3枚を推したい。武藤は前回のシリーズでベンチ外の悔しさを味わっており、今回の代表戦に期するものがあるだろう。所属クラブで好調をキープしており、コンディションに問題はないだろう。ハリルホジッチ監督は武藤をCFとして考えており、大迫勇也、岡崎慎司の牙城を崩すパフォーマンスが期待される。

 乾と車屋が出場すれば、2人は同サイドに入ることになるだろう。エイバルのMFは中に入ってオーバーラップのスペースを空けるなど、要所での気配りも必要になる。戦術理解度の高い乾であれば、いつ何をすればいいかをプレーで示すことができるはず。またキャリアを重ねる中で周囲を引っ張ることにも意欲的。是非、存在感を発揮してもらいたい。

 浅野は8月のオーストラリア戦でゴールを決めるなど、W杯出場の立役者になった。今回のニュージーランド戦でも、スピードを活かして相手の守備網を破るシーンが見られるだろう。

 指揮官はメンバー発表の際、「2試合で違うメンバーを試すかもしれない」と述べている。この言葉通りであれば、多くの選手は1試合でアピールする必要があるということ。練習から自分を出すのはもちろん、ピッチに立った時に何ができるが重要になる。

 チームとしてやるべき仕事をこなした上で、それぞれが持ち味を発揮する。そうした試合ができれば、ハリルホジッチ監督にとっても大きな収穫となるだろう。

text by 編集部