綾瀬はるかと倉科カナが“親友”に!『奥様』第1話

写真拡大

綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00〜)が10月4日にスタート。10分拡大で放送される第1話には、倉科カナがゲスト出演する。

金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・菜美(綾瀬)は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。しかし、暮らし始めて1年と経たないうちに、幸せに見える主婦たちが抱える様々なトラブルに気づいてしまう。実は、菜美は料理も掃除も家事一般はド下手だが、正義感が強く、怒らせたら超キケンだった。なぜ、菜美はスリルを求めてしまうのか? そのワケは夫にも秘密にしている過去にあった……。天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美。そんな彼女が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって、本当の優しさと温かさを知っていく。大切な家族や友だち。守るべきものができた時、女は誰よりも強くなる!?  一生懸命に生きるすべての女性へ愛と勇気のエールをおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマだ。

ある日、菜美は隣人の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)に誘われて料理教室に通うことに。人生の知識豊富なお姉さん的存在の優里と、 好奇心旺盛で人懐っこい妹的存在の京子。料理の味付けの仕方から、夫をその気にさせるムードの作り方など、今まで縁のなかった“主婦の知恵”について2人からアドバイスを受ける中で菜美は、生まれて初めての女友だちとの友情を育んでいく。

そんな中、同じ料理教室に通う知花(倉科)が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、優里と京子に相談。DVを受けている事実をひた隠しにしようとする知花の本音を聞き出すために、3人はまずは知花の“親友”になることを決意する。他愛もない会話を交わす中で少しずつ菜美たちに心を開き始めた知花は、夫の喬史に支配され続けている生活について告白。菜美たちは、知花を救うために喬史に直接話をしようとするのだが……。果たして、菜美は“主婦らしいやり方”で問題を解決することができるのか!?