米Yahoo!は3日、2013年の大規模データ漏えいで、30億すべてのアカウント情報が流出したことを発表しました。

情報漏えいはTumblr、Flickrを含む

Yahoo!の2013年の情報漏えい事件で流出した個人情報には、Yahoo!傘下にあるすべてのプラットフォームのアカウント情報が含まれます。
 
影響を受けたのは、Yahoo!メール、マイクロブログサービスのTumblr、写真共有サービスのFlickrなど、すべてのYahoo!関連サービスのアカウントです。
 
Yahoo!の発表によると、登録氏名、Eメールアドレス、パスワードがのみが流出し、クレジットカードや銀行口座などの情報は含まれないとのことです。

調査により3倍の被害アカウント数が判明

Yahoo!は2016年12月時点で、10億人を超えるユーザーのアカウント情報の流出を発表していましたが、今回の調査で被害アカウントの数は3倍に膨らみ、過去最大レベルの情報漏えい事件となりました。
 
最近起こった情報漏えいには、著名人を中心とするInstagramアカウントのハッキングなどが挙げられます。
 
尚、被害が新たに発覚したユーザーにはYahoo!からEメールで知らせが来るとのことなので、Yahoo!メールのチェックをおすすめします。
 
 
Source:CNNMoney
Photo:bryan…/Flickr
(lexi)