米アップルがiPhoneの2017年モデルである「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」を発表したのは、9月12日。そして、このうち従来モデルとデザインが同じiPhone 8と同8 Plusは、9月22日に販売が始まった。

 一方で、デザインを変更し、新たにOLED(有機EL)ディスプレーや、顔認証機能「Face ID」を搭載した、最高級のiPhone Xは、まだ発売されておらず、これらが登場するのは、iPhone 8の発売から6週間後の11月3日となる。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

盛り上がりに欠けたiPhone 8の初日販売

 果たして、アップルはこれらの新モデルで、かつてのようにiPhoneの販売を伸ばせるのかと多くがその販売状況を見守っているが、これまでのところ、新モデルは例年のように「飛ぶように売れている」という状況ではない。

 米ウォールストリート・ジャーナルがiPhone 8の発売日に掲載した記事によると、その初日販売は、盛り上がりに欠けるものだった。

 ただ、こうした活気のないiPhone 8の販売状況は、Phone Xに対する購買意欲が高まっていることを意味すると、考えるアナリストもいると同紙は伝えている。

世界最大の市場では地場メーカーが台頭

 いずれにしても、アップルはこれらの2017年モデルで、iPhoneの販売を回復させる必要がある。iPhoneの昨年(2016年)1年間の販売台数は、2億1500万台だった。これは、その前年の2億3150万台を下回っている。四半期ベースで見ると、昨年7〜9月時点で3四半期連続の前年割れ。その後の10〜12月期は同5%増に回復したものの、今年は、1〜3月期が同1%減、4〜6月期が同1.6%増と、ほぼ横ばいで推移している。

 こうした中、世界最大のスマートフォン市場である中国が、その成長回復のカギを握ると言われているが、アップルは今、同国市場で苦戦している。

 例えば、米国の市場調査会社IDCによると、2016年の中国市場におけるメーカー別スマートフォン出荷台数は、中国オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)、中国ファーウェイ(華為技術)、中国ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)が上位3社で、アップルはこれらに次ぐ4位。

(参考・関連記事)「アップルは「iPhone X」で再び急成長できるのか」

 また、香港の市場調査会社、カウンターポイント・テクノロジー・マーケットリサーチによると、今年4〜6月期の同国における上位4社は、1位から順に、ファーウェイ、オウポ、ビーボ、シャオミで、アップルは5位に後退した。

中国消費者の狙いはiPhone X?

 アップルは、11月3日に発売するiPhone Xで、こうした状況を打開できるのだろうか。その状況を占う上で、興味深いアンケート結果がある。

 中国テンセントホールディングス(騰訊控股)傘下の調査会社が今年9月14日までにまとめた、同国消費者を対象にした調査によると、今年、iPhoneの新モデルを購入する予定と答えた人の66.2%が、iPhone Xを購入したいと考えている。

 これに対し、iPhone 8 Plusを購入したいという人の比率は20.4%、iPhone 8は13.4%にとどまった(eマーケターのレポート)。

 この調査結果が正しければ、iPhoneのファンはその大半が、iPhone Xの発売を待っている。iPhone 8の販売が芳しくなかったのは、こうした消費者心理があったからと言えるのかもしれない。

 ただ、中国におけるiPhone Xの販売価格は割高で、8388元(約14万1915円)からとなっている。これに対し、米国価格は999ドル(約11万2457円)。日本は11万2800円で、米国と同水準。

 こうした中国における割高の価格が、同国消費者の購買意欲をそぐ可能性もあると言えそうだ。ただ、eマーケターの分析によると、中国のiPhoneユーザーは、他社製スマートフォンの購入者と異なり、価格が理由で端末を購入しない。彼らはiPhoneのOSである「iOS」や、iPhoneの全般的な機能、セキュリティ機能、デザインに価値を見いだしているのだという。

筆者:小久保 重信