愛知県豊田市立浄水中学校校長・片桐常夫先生。新設校である浄水北小(2014年)、浄水中(2016年)でPTCAを立ち上げた。

義務や強制がなく、会費もとらず、保護者と地域と学校が子どもたちのために協力する組織があります。愛知県豊田市立浄水中学校PTCAです。

PTCAとはPTAに地域(コミュニティの頭文字:C)を加えたもの。活動はすべて、本物のボランティア方式です。学校や行事の手伝いは義務や強制に頼らず、保護者や地域の人々が自主的に行います(前回記事「義務・強制なし!あるPTAの『柔らかい発想』」)。

どうやってこんな組織をつくることができたのか? 強制をせず、会費をとらなくても、活動は本当に成り立つのか? 今後の課題は?

この仕組みを導入した片桐常夫校長先生に、お話を聞かせてもらいました。

学校予算をPTA会費に頼るのはおかしい

片桐校長が最初にPTCAをつくったのは、2014年に新設された「浄水北小学校」です(現在着任している浄水中学校は2016年に新設)。

開校前、片桐校長は北小の前身となる学校に足を運び、教頭先生やPTA会長、PTA役員の人たちに順次、新組織の構想を説明しました。

提案したのは、こんな組織です。「1 選択・多様性・個性を尊重する」「2 地域ぐるみにする」「3 主体的に行動できるシステムにする(義務や強制をやらない)」「4 会費をなしにする」

最初はみんな、驚いたそうです。まず、義務や強制をやめて、本当に人が集まるのか? 片桐校長はこう答えたといいます。

「必ず集まります。どうしても集まらなかったら、それはやめればいいこと。もし本当にやらなきゃいかんことだったら、僕がやります。だからみなさんは何も心配しなくていいです、と言いました」

絶対に必要な活動ならむしろPTAがやるべきでなく、学校や行政がしっかりやらなければいけませんし、絶対に必要ではない活動なら、やめることも可能だということ。確かに、そのとおりです。

もうひとつ、会費をなくすことについても戸惑いの声があがりました。活動費がなくなるだけではありません。現状、日本の多くの学校は、自治体からおりる公的な予算が不足しています。そのため、半ば公、半ば内密に、PTA会費を頼っている学校が大半です。ですからPTA会費の減額には多くの校長が反対します。そういったおカネはどうするのか。

「学校がPTAのおカネを頼っていること自体、僕は大問題だと思っています。PTA会費は本来、PTA活動をするためのおカネでしょ。学校におカネがないのは事実だけれど、それは予算をつけない政治や行政の問題であって、だからってPTA会費を使うのはおかしい。

では、どうするか。ひとつには、資源回収をやっています。でも保護者がやる特別な仕事はありません。校内の一画に設けたリサイクルセンターに、不要品を各々が持ち込むだけ。そうすると週に1回業者が来て、全部もっていってくれます。

市の補助も出るので、これだけで年間20万〜30万円になります」

リサイクルセンターを見せてもらったところ、たしかに資源ゴミが置いてあるだけでした。センターは建物の1階にあり、部屋の真横に業者が車を横付けできます。これなら保護者がリヤカーで運ぶ必要もありません。


ゴミ置き場が散らかっているときは、学校の用務の方が整理してくれることも

活動見直しとおカネを生む努力で会費はなくせる

「あとは、おカネの使い方も見直すんです。たとえばPTAの広報紙をやめたらどうですか、と僕は言いました。1回10万円はかかるので、これをやめれば年間30万〜40万円は浮きます。これだけネットが発達している時代なんだから、ホームページで発信すればいいじゃないですか。

制作作業だって、好きな人がやれば楽しいでしょうけれど、大体はじゃんけんやクジで決まった方たちが、何度も学校に集まっている。だったらいりませんよ、って話したんです」

筆者もまさに、そう思います。広報紙も悪くありませんが、かかる費用の大きさや強制で委員になる人の多さを考えると(広報委員は多くのPTAで最も不人気です)、やり方を変えたほうがいいと感じます。ホームページで情報を発信すれば、費用も人手も大幅に削れます。

「そもそも、PTA会費を集めるからいろんな問題が出てくるんです。会員が300人いたとして、300人全員が納得のいくおカネの使い方なんて決められないですからね。会費を集めなければ、総会を開く必要もないし、加入するしないでもめることもありません。

あとはこのPTCAの場合、市から“放課後児童健全育成事業”の委託を受けているので、その予算の一部をPTCAと学校で共有する備品に充てることができます。そういったことを公明正大にやるため、PTCAを一般社団法人にしてあるんです。

でも普通はそこまでやれないと思うので、必ずしもよそにお勧めはしません。

ただ『活動の見直し』と『自分たちでおカネを生む努力』だけでも、会費をなくすことは可能だと僕は思いますよ」

前例踏襲と思考停止をやめて、みんなが本気で頭を働かせれば、きっとほかにいろんなやり方が見つかるはず――。これまで全国のPTAを取材してきて、筆者も心底そう思います。

よりおカネが必要な部分におカネをまわすためにも、また、より人手が必要な部分に人手をまわすためにも、保護者も学校ももっともっと、頭を使っていきたいところです。

学校が先に動けば保護者も動く

このような経緯を経て、浄水中学校と浄水北小学校に、義務や強制、会費のないPTCAができたわけですが、今後はどうなるのでしょうか。活動は継続できるのか?

片桐校長は「ボランティア精神の涵養」と「保護者の意識」が、これからの課題だと言います。


浄水北小PTCAの会議の様子。保護者によると、ボランティア制が始まって数年が経ち、人気のある活動とそうでない活動がはっきりしてきたという

ボランティアって勢いがあるときはみんな来るんですけれど、慣れてきた人や新しく入ってきた人にはワクワク感がないから、廃れていきやすい。だからそこは、こちらから手を打っていかないといけません。

たとえば夏休みのプール開放の手伝いも、たまに『この日は午前が空いた(人がいない)』というときがある。でもそこで『じゃあ、この日はやめよう』ということにはしないんです。『オレが行きゃいいじゃん』って、校長の自分がやる。そこは、ふんばりどころです。

みんなの勢いを落とさないために、裏でぐっと支える部分も必要なんですよ。相手が“ありがとう”と思うようなアクションを、こちらから先に起こしていくこと。自主的な活動が本当に定着するまでは、そういう努力も必要です」

こういった、片桐校長の「相手が“ありがとう”と思うアクションを先に起こす」エピソードは、プール開放のほかにも山ほどあります。

たとえば運動会のとき、普通の学校ではいちばんいい場所に本部が置かれ、自治体・他校から来た“来賓”が座りますが、浄水北小ではそのポジションに、地元の写真館から借りたひな壇を設置。保護者がそこから自由に写真を撮れるようにしたそうです。


競技中の学年の保護者が入れ替わりで使用。校舎も開放しているので、上階の窓から校庭の子どもたちを見ることもできる。本部(来賓席)はコーナーに設置

「親同士がほかの人を押しのけあったり、場所取りでいがみあったり、それがいちばんいやなんです。それじゃ、何のために運動会や学校教育をしているのかわかりません。子どもがそれで、いい子になるはずがない。だから親がそうならないように、ゆとりをつくるんです。そうすれば自然と譲り合いも生まれてきますから」

話を聞いていると、「もし子どもの通う学校にこんな校長がいたら、自然と協力せずにはいられないだろう」と思います。そんな学校で育つ子どもたちは、きっと責任感のある大人になることでしょう。

「〜だからできた」、ということではない

それにしても改めてなぜ、こんなPTCAを実現できたのでしょうか。いわゆる普通のPTAや学校は、前例踏襲と義務・強制に埋もれています。ことなかれ主義で、新しいことを嫌う校長が多いなか、片桐校長はなぜ、ここまでやったのでしょうか。

「やっぱりそこは、校長の仕事だと僕は思っていますから。みんな『PTAは保護者のことだから』って逃げちゃうけれど、ウミが出ているのを見てほうっておいたら、絶対にいいことはない。

手をつける権限や力を持っているのは、やっぱりここ(校長)が一番だと思うんです。よく周囲から『片桐だからできるんだ』とか『新設校だからできた』とか言われますけれど、そういうことではないんです」


プールは屋上にあるので、土や草が入らず美しく保たれている

正直に言えば筆者も、お話を聞いてやはり「片桐校長だから」「新設校だから」できた部分はあると思うのですが、おそらく片桐校長もそれはわかっているのです。ただ、それを「自分が何もしないための言い訳に使うな」と言いたいのでしょう。

保護者も同様です。現状のPTAのやり方で苦しむ人がいるのを見て見ぬふりをしたままで、子どもたちが立派な大人に育つとは思えません。校長先生も保護者も、気づいた人から手を動かしていくことが求められています。